FC2ブログ
おたんこナースのきーちゃんとその家族の日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後のこと
2013年12月16日 (月) | 編集 |
お久しぶりです。
長らく、放置してきたブログではありますが
思うところもあり、ぼちぼちとまた、記事を書いていこうと思います。


前回書いた職場の同僚であり友人でもあった、
大腸がんを患った「まあ坊」ことSさんですが
11月26日、38歳で天国に旅立って行きました。
最後までがんと闘うという毅然とした態度で、
辛い治療にも耐えて頑張りましたが
とうとう力尽きて逝ってしまいました。

入院の後半はほぼ毎日、お見舞いに行っていたのですが、
成り行きで最期の瞬間は私とお母さんの二人で看取りました。
「ちょっと女優の木村佳乃さんに似てるね」なんて
患者さんに言われたこともある可愛いらしい人でしたが
最後はかなりやつれて
肝転移による黄疸もあり、
手を握りながら
「しんどかったね」と顔をさすり、何度も声をかけていました。
気の強い子でしたからね、
一緒に働いている間はまあ、いろいろありましたよ。
いいことばっかりじゃなく、
たまには一週間くらい口きかなくなったりとか。( ̄∇ ̄;)

でも、看護師としてはキャリアが長かった私を
頼ってくれていた面もたくさんあって
(彼女は准看護師で、
 大きい病院での勤務経験はなかったので)
自分の病気のデータの移り変わりや
治療に関する相談もよくしてくれました。
ただ、それらすべてがあまりいい兆候を示すものではなかったので
私はかなり無理やり、いいほうにこじつけて説明していましたが。
彼女は前向きに希望を捨てずにいました。
だから私も最後の最後まで
それに付き合うと決めて悪いことは一切言わなかった。
お互い看護師だから、
データ上はもうどうしようもないことはわかってはいるのですが、
私の口から「最期」をにおわす言葉を
彼女も聞きたくなかったと思ったから・・・。

意識を保っていた最後の日、
亡くなる3日前でした。
朝、彼女からメールがあり
(もうこのころは短いメールを打つのがやっとでしたが)
「顔を見せに来てほしい」と。
彼女が私に「会いたい」と告げてくるときは
本当にしんどい、すぐに来てほしいときだけでしたから
親しくしていたもう一人の同僚も誘って駆けつけました。
すでに肺転移も進んでいて胸水もたまっていたので
呼吸が苦しく、前夜はパニック状態だったそうです。
朝からの処置でいくぶん落ち着いていましたが、
帰り際に「いつもありがとう」と言ってくれました。
「もう10年以上、
 毎日のように顔を突き合わせて働いてきたんだから、
 他人じゃないよ、いつでも来るからね」と答えたら
本当にうれしそうに笑ってくれて・・・。
その日の夜から強い鎮静剤を使って意識を落とす処置に入り、
3日後の朝、亡くなりました。
平日の朝で、ご家族もそんなに早く急変するとは思っていなかったようで
泊って付き添っていたお母さん以外は誰もいない時間でした。
不安になったお母さんが私に連絡をくださったんです。
「もう意識もなくて、血圧も測れないけど・・・。
 会いに来てもらっても何にもならないかもだけど・・・。」
子どもたちを学校に送り出し、
洗濯や掃除は義母に任せて病院へとんで行きました。
1時間ほどして
担当医が「延命につながる処置はしない、と本人と約束したから」と
酸素マスクを外してものの10分くらいでしたか、
モニター上の心電図波形がゆっくりになり、
すぐに呼吸も心電図も完全にフラットになりました。
直後にもう一人の同僚と、2番目のお姉さんが駆けつけてくれたのですが
最後の最後に手を握っていたのは私で、
お母さんは動揺して家族にかけた携帯電話を握りしめていて・・・。
この瞬間のことはずっと後悔しているんです。
なんでお母さんに向かって
「今は連絡してる場合じゃないから、
 すぐにこっちに来て手を握ってください」って
言えなかったんだろうって。

家族が多い子で、
兄弟の中には身体が弱くて仕事に就けない弟さんもいて
精神的にも経済的にも一家を支えていた子でした。
ふだん勤務時間が長くて忙しいので
病院の他の友達とはすっかり疎遠になっていたようで
お通夜、お葬式に訪れた友人も少なかったです。
最後は大好きだったビールと
ドラゴンズのユニフォームのレプリカを棺に入れてお別れしました。

あれから3週間になるのですが
職場に居るとあちらこちらに
彼女の残した連絡などのメモが残っていて
いなくなってしまったことが信じられないです。
患者さんたちも「どうしてSさん、辞めちゃったの?」と聞いてくる人もいます。
なかなか本当のことは言えなくて・・・。
でもそろそろ、
親しくしていた常連の患者さんには少しずつ打ち明けて、
彼女のことをそれぞれの胸の内で偲んでもらえたら
供養になるんじゃないかなって、先生とも話しています。

今月、携帯電話を買い換えたのですが
彼女とのメールがいっぱい残った古い電話機は
ときどき充電しながら手元に置いています。
あと何年、現場で働けるかはわかりませんが
ずっといっしょに、手元に置いていこうと思っています。
看護師としても、友人としても
一緒に居たことでたくさんのことを学ばせてもらったよ。
ありがとう、まあ坊。

スポンサーサイト
悔しい・・・
2013年09月22日 (日) | 編集 |
職場の、30代の同僚が
「大腸がん」と診断され、
すでに肝臓と肺に転移があり
腹水がたまっている状態で入院しました。
少し前から風邪でもないのに夜になると熱が出る、とか
昔からあった貧血がさらにひどくなった、とか
仕事に来ていても顔色が悪く、
立っているのもしんどそうな時があったり、
みんな、おかしい、早く受診してって伝えてはいたんですが・・・。
家庭の事情で小学生の甥を母親代わりに面倒を見ていて
「夏休みが終わったらゆっくり検査に行くよ」と
本人は頑張っていたんです。
常勤の職員は保険医療制度の関係で
自分が働く医院では診療や治療は受けられません。
うちの医院はかなり忙しい部類の開業医ですから
他院へ行く時間は休みをとらない限り作れません。
家庭の事情で休みを取ることが多かった彼女は
さらに自分の体のことで休むのを良しとしなくて
頑張りすぎてしまいました・・・。
一年前の職員健診では特に異常は無く、
今年4月に貧血の診察に行った時も
貧血以外に悪性を疑うような結果はなかったそうです。

彼女より10歳も上の私でもなく、
職場に訪れる80歳、90歳の患者さんでもなく
なぜ30代の彼女が病魔に侵されてしまったのか、
悔しくて悲しくて、毎日、悶々と考えてしまいます。
考えてもどうにもならないことですが・・・。
70代の義母の乳がんの時は
わきのリンパ節への転移はあったものの、
手術ですっかり元気になり
いまも他臓器への転移も再発もみられません。
若いがゆえにがんの進行も早いのだとは思いますが、
どうしてもっと早く、手術が可能なうちに発見できなかったのか
先生も含め、職場のみんながショックを受けています。

本来なら緩和ケアの時期なのかもしれませんが
本人は最後まで治療したいと
入院後すぐに抗がん剤の点滴を始めました。
私に出来ることは調子の良い時に面会に行ったり
日々メールで励ましたりすることくらいですが、
その時が訪れるまで
職場の仲間たちと一緒にみんなで彼女を支えよう、と話しています。

健康診断を受ける機会がある方は
どうか、かならず受けて下さいね。
そして長引く異常を感じたら
市販薬でごまかしたりせず、すぐに受診して下さいね。
インフルエンザ、本格流行とワクチン学習会
2013年01月22日 (火) | 編集 |
先週末から私のパート先の医院では
インフルエンザの本格流行が始まっています。
高熱、高熱で隔離用のベッドが確保できず
定期的に点滴治療に来る患者さんにも迷惑かけてます。
いまのところA型がほとんどで、
Bはまだ一人くらいだったと同僚が言ってました。
早いところでは学級閉鎖が出ている小学校もあり、
いよいよ大変だなあと思う今日この頃。
うちのズボラ娘なーちゃんも
すぐ前の席の子がインフルだったらしいので
うがい手洗いは気をつけるように言ってますが・・・。
なにせ、今時の中三生の成分は90%が「めんどくさい」
残り10%が「ウザい」なので
母親の言うことなんかほとんど聞きませんわ・・・。 (ノ_-;)

土曜日、製薬会社さんが主宰する
ワクチンの勉強会に参加してきました。
ここでちょっとショックなデータのお話がありまして・・・。
子宮頸がんワクチンなのですが
どうも「サーバリックス」のほうが現時点で
「ガーダシル」よりも接種後の抗体値の維持期間が長いようです。
ガーダシルのほうが認可も後発になりますし
どちらにしてもまだ使用期間は短いので
10年、20年後の抗体値がどうなるか
はっきりしたデータになっているわけではありませんが、
(理論上はサーバリックスで20年は持つらしいです)
接種2年後の段階で、すでに血中の抗体値に数倍の開きがあることが
わかっているそうなのです。
(同時期に接種した人なら、サーバリックスをうった人のほうが
 抗体値が高く維持されるとのこと。)
単純に考えるとガーダシルは性病の原因になる
HPV6型、11型の予防にもなるのでお得感がありますが
血中の抗体値が高いほうが
より、子宮頸管におけるウィルス排除には有効だと思われるので
肝心な発がん原因の16型、18型に対する効果が下がってしまっては
意味がなくなってしまうような・・・。

なんにせよ、
子宮頸がんワクチンはすべての発がん性HPVの感染を防ぐわけでは
ありませんから
ワクチンを打っても20歳を過ぎたら必ず、
定期的に子宮頸がん検診は受けて下さい。
将来的には10代前半に一度、30代後半にもう一度、と
今のワクチンを追加接種する必要も出てくるかもしれませんね。
安全性と効果の面から実績がないので
ガーダシルとサーバリックスは混合して打てません。
1回目に受けたワクチンを3回目まで受けなければなりません。
ガーダシルを受けた方もあわてることはないです。
少なくとも接種しない人よりはHPV感染のリスクは低くなっているのですから。
ガーダシルの利点として外国では男性にも接種できるそうで
日本も男性にガーダシル、女性にサーバリックスを打てれば
男性から感染させられるリスクも減らせるんでしょうけれど・・・。
ワクチン行政はやることが山積みですから
現実的ではないそうです。(* ̄- ̄)


インフルエンザ、流行してきました
2013年01月15日 (火) | 編集 |
おととい、うちの医院ではじめて
看護師だけの新年会をやりました。
人間関係に問題アリで
浮きまくってる人が一人いるのですが
その人だけはどうしても呼べないやってんで
看護師5人とその子供たち
運転手の旦那様で
夜中までドンチャン騒ぎ。
(さすがに子供たちは途中で退散しましたが)
めちゃくちゃ楽しかったです。
翌日は全員、昼過ぎまで二日酔いでダウンでしたけどね・・・。

そうこうして連休明けの今日、
私の隣で飲んでた看護師のOさんが
朝から鼻水ズルズルしてて、
夕方には熱が出てきたとのこと。
「ごめんなさい、A型インフルでちゃいました~!」
電話があって一同、真っ青。
まさか宴会で集団感染?はないよね??
今のところはOさん以外はインフルの気配はありませんが・・・。
一人だけ呼ばなかった彼女の祟りだ、とかなんとか
みんなでビビってます。 (>ω<ノ)ノ

先週くらいからインフル患者さんは増えてるんですよ、確実に。
うちの医院ではまだA型しか出てませんが
隣町に住む知人から、やはり今日、
B型インフルにかかりましたってメールが届きました。
いよいよ今週末はセンター試験だし
このあたりは2月からは私立高校の受験も始まります。
追い込みの受験勉強と同じくらい、
風邪予防にも気を引き締めてかからないといけませんね。
うちのズボラ娘にもうがい手洗い徹底させなきゃ。 ( ̄‥ ̄)=3

自分の体力を過信してはいけません
2012年12月19日 (水) | 編集 |
記事書いた昨日の今日なのに
朝、吐き気、胃痛とともに目覚め・・・。
水を飲んでも気持ち悪い!
吐くものはないんですが
から嘔吐でぐえぐえしてます。
とりあえず少しの水で処方された薬を飲んでみたものの
やっぱり吐きそうで横になってましたが、
治まらないので今、点滴してもらいに行ってきました・・・。
下痢はないですが、
頭痛とだるさはあります。

あなどるなかれ、ノロウィルス。
ストレスもあるんでしょう、
病院で血圧が154 / 84ありました・・・。
笑い事じゃないですね。

みなさんもくれぐれもお気をつけて。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。