FC2ブログ
おたんこナースのきーちゃんとその家族の日記です。
姑・放射線治療開始
2012年02月24日 (金) | 編集 |
先日、2月21日に市民病院を受診。
14日に撮影した造影CTも問題なく、
血液検査も異常なし、とのことで
いよいよ、姑の放射線治療開始です。
すぐからでも準備に入れます、とのことで
その日の昼から再度、放射線照射の情報を得るためのCT、
放射線科の医師の診察を受けてきました。
これから約5週間、
平日のみ正味25回、毎日の病院通いが始まります。

22日に初回の照射。
この日は位置決めなどもあり、30分ほどかかりました。
料金6430円なり。(健保自己負担1割)
23日からは朝8時30分の朝イチ枠で照射。
月、火、金曜日は私が送っていってそのまま待機、
照射終了までは準備を入れても10分程度なので
(朝イチなので会計込みでも30分程度)
車に乗っけて帰ってくることに。
水、木曜日は私が午前中から出勤しなければいけないので
とりあえず、朝、病院に姑を送り届け、
その後都合がつけば姑の兄弟に迎えに来てもらうか
バスを乗り継いで帰ってきてもらう、
こんなやり方でしのぐ予定にしています。
ちなみに初日以降の照射の自己負担は1回、1930円予定。
5週間、毎日・・・。ε-(ーдー)
時間もお金も労力も、
ほんとうにがん治療には根気が要りますね。
雪の時期が過ぎてることだけが救いではありますが。


放射線治療中の副作用は
抗がん剤のころに比べたら楽にはなると期待していますが、
知人のお義母さんにも
乳がんで乳房部分切除術後放射線治療をし、
2年後に放射線の副作用?と思われる肺炎を起こした方がいるそうで
なかなか油断はできないよなあと思っています・・・。


自分がしっかりしなくちゃ、と思ってはいるのですが
風邪なのか(昨日は雨だったから、花粉症の発症ではないと思う・・・)
鼻水ずるずる、くしゃみ連発
身体もだるいです。
(これで熱があったらインフル怪しいけど、平熱です。)
追い打ちをかけるように大量の生理出血も始まり、
もうへろへろ・・・。
今日はたまたまP夫が休みになったので
姑を病院まで送莉迎えしてもらうことにしました。
でもまだ帰ってこない・・・。(ーー;)
帰り道、関所?(Pの付くところ)に吸い込まれていったに違いないな。
ま、いいか。姑に風邪うつすと大変だし。
私も夕方の仕事まで寝よう・・・。zzz
スポンサーサイト



姑・第7回抗がん剤点滴実施
2012年01月13日 (金) | 編集 |
10日火曜日に姑の7回目の抗がん剤点滴に行ってきました。
あと少しで抗がん剤も終了、
ゴールが見えてきました。(´▽`)

10日は正月明けと連休後が重なって、
市民病院の混み方はハンパないものでした・・・。
立体駐車場も屋上までいっぱい、
待合室も患者さんでいっぱい、
こりゃ、予約が10時15分なら診察は12時ころかなあ・・・と
半ばあきらめかけてました。
でも、ふだんとそれほど変わらず(!)
11時15分ころには診察のお呼びがかかったので
赤目医師(仮名)も頑張ってるなあと感心。

今回も白血球数は無事回復していて7500あり、
予定通り、抗がん剤点滴を受けられました。
吐き気止めも前回同様、
4日分のステロイドも処方してもらい、
最後の1月31日の抗がん剤点滴の後は
2週間後の2月14日に評価の造影CT、
3週間後に採血と診察で
その後、4週にわたる放射線療法の予定になっています。

点滴は無事に終わり、
直後はステロイドのおかげもあり元気がいいので、
翌日、糖尿病の薬をもらうためにK医院へ。
ここで指先から血糖値を測ってもらって愕然・・・。

食後3.5時間で血糖値322!!
おそろしやステロイド・・・。(|||_|||)
いかんせん血糖値が高すぎるので
糖尿病の薬、メトグルコを増量していただきました。

K医院の診療地域内では
ただ今、インフルエンザが大流行中。
ほとんどは従来のA香港型のようで、たまにBも出ます。
今年は年齢に関係なく、結構高齢の方も感染してるので
ワクチンを打てず、
糖尿病に加えて
抗がん剤やステロイド内服の影響で特に免疫力が心配な姑は
なるべく院内にとどまる時間を減らすように
車の中で待機してもらっていました。
そんな嫁の気苦労を分かっているのか、いないのか・・・。
姑は昨日、今日とも
「調子がいい今のうちにパチンコ行ってくるよ~」
ああ・・・。orz

私のほうは血圧がかなり安定してきたので
(朝で110台/80以下程度)
試しにミカルディス錠を40mg→20mgに減量してみることに。
暖かくなってきたら運動も行っていけば
うまくいけば薬なしでも安定するかもしれません。がんばろっと。
正味10日ほど続いた例の出血もやっと落ち着きました。(´▽`)
今のところはひどく気になる症状はありませんが
ぼちぼち更年期障害ってやつが浮上してくるのかなあ・・・。( ̄~ ̄;)

姑・第5回目抗がん剤点滴(タキソテール)実施
2011年12月01日 (木) | 編集 |
ちょっと、いろいろありまして・・・。
記事遅くなりましたが、
火曜日に姑、第5回目の抗がん剤点滴受けてきました。

前週、下がり過ぎていた白血球数は無事、回復。
29日は6400といい数値でした。
造影CTの結果も問題なし。(´▽`) ホッ

今回から点滴の抗がん剤がタキソテール(ドセタキセル)に変更。
吐き気の副作用は今までより軽くなると思われるとのことで
イメンドカプセルは使わず、
抗がん剤前のステロイドの点滴と
内服の吐き気止めで対応することになりました。
タキソテールの白血球数を下げるような骨髄抑制の副作用に対し、
漢方薬の併用が効果的との報告があるそうで
内服に漢方薬が追加になりました。
タキソテールの副作用では筋肉痛のような痛みも出やすいとのことで
そちらに対応する漢方薬も追加しますとのこと。
粉薬の苦手な姑は四苦八苦しながら飲み込んでます・・・。

抗がん剤が一種類になっても溶解する点滴の量が
生理食塩水100mlから5%ブドウ糖液250mlになったため、
点滴にかかる所要時間はさほど変わりませんでした。

ただーし・・・。
お値段はびっくり。
病院での11/29の会計は
1割負担で血液検査、診察、投薬など込みで11,180円!
内訳をみると
抗がん剤点滴にかかる部分だけで10,205円かかっています・・・。
薬局での負担が1,100円。
これが3割負担なら・・・。
 3週間ごとにあと3回!
まちがいなく家計破綻ですよ。(|||_|||)ガビーン

で、点滴終了後はあまり体調の変化はないかと思ったのですが
吐き気で寝込むことはないけれど
なにかぐずぐずと調子が悪そうで
食欲がありません。
ちょうど便秘もひどくなり、
便秘薬を飲んでも浣腸をかけても出ず、
見かねた私が手袋はめて「摘○」して便を出させたので
それもショックだったかも・・・。(´ェ`)ン-・・
私は仕事柄、尿便の扱いにそんなに抵抗があるわけじゃないのですが
姑としては嫌ですよねえ、きっと・・・。
そんなにカチカチの便が溜まっている、と言うほどではなかったのですが
年齢もあって腹圧が弱いのかなあ・・・。
日々飲めるような緩下剤の内服を出してもらったほうがいいかな。
トイレに行きすぎて肛門が痛いって言ってるので
そこから炎症起こしてしまうこともないとは言えないですしね。


姑の闘病とかずぼんの進学問題、
ストレスがたまっているのと
日々の疲れ、更年期(!)などなど・・・。
ついに私も「高血圧」として
薬を飲むことになってしまいました。(〃'∇'〃)ゝ
今日から朝一回、内服始めました。
ま、私が倒れるわけにはいきませんから。
割り切って気をつけていこうと思います。

姑・胸~腹部造影CTとインフルワクチン中止
2011年11月22日 (火) | 編集 |
少々、記事の更新があいてしまいました。(o´ェ`o)ゞエヘヘ
このところ、かずぼんの中学校進学に向けて、
あれこれ悩んだり相談にいったりで
なかなか落ち着かなかったものですから・・・。
こちらのほうの結論も後日、別カテゴリーで記事にしたいと思っています。


さて、今日は姑の胸~腹部造影CTと、
インフルエンザワクチンの予約をしていたため、
市民病院へ受診。
始めに血液検査をしてからワクチンが打てるか検討します、
とのことでまずは血液検査。

白血球数1900・・・。(|||_|||)
うち、計算上は好中球数が437/mm3 

今が減少のピークの時期、数値だとは思うんですが、
「これではちょっと、今日のワクチンはやめましょう」
との話になりました。
(抗がん剤による骨髄抑制がひどい時にワクチンを打っても
 十分な免疫が得られる保証がないらしいです。)
んじゃ、いつなら打てるのか?ってことですが、
まだまだ抗がん剤、その後の放射線と治療は続くので
時期的に今季の接種は微妙かも・・・。
今日は37.2℃の微熱もあり、
来週はまた抗がん剤治療が待っているので
感染症を防ぐため、来週まで2種類の抗生物質が処方になりました。
インフルエンザに関しては家族はみんな、ワクチンを接種したので
あとは本人含め手洗い、うがいを徹底したり
人ごみに出ないようにするのが一番でしょうか。
本人が思ったより元気にしてるから、
つい、忘れちゃうんだけど、
数字を見たら
身体に抗がん剤によるダメージが来てるのがよくわかる。
Hb 9・1と貧血も来てますし・・・。
(糖尿病のHbA1Cのほうは6・4とかなり改善。
 あんまり食事取れないからね( ̄∇ ̄;)ハッハッハ)
しかし
本格的にパチンコはダメだな、こりゃ。(ノ_-;)ハア…


で、昼から造影CT。
姑は糖尿病治療薬の「メトグルコ」を内服中なんですが
こちらは造影検査の前2日は中止したほうがよいとのこと。
20日から内服中止しておきました。
造影剤は濃度が高いので
一般的に太めの針で点滴しながら検査するんですが
姑、わりあいに血管が細いっていうか・・・。
乳がんの手術との関係で
点滴、採血などはすべて患測の反対、
右手で受けなければならないので
なかなか一回でスッと点滴が入ることがないらしいです・・・。
CTの結果は次回の受診時に教えてもらえると思います。


10時45分に病院に着いて、
CTまですべて終わったのが14時30分すぎ。
あいかわらず、病院受診はくたびれます。


姑・第四回目抗がん剤点滴実施
2011年11月09日 (水) | 編集 |
昨日、姑の四回目の抗がん剤点滴に行ってきました。

事前採血の結果は今回も問題なし。
白血球数は9000ほど。
予定通り、抗がん剤実施です。
今回でエピルビシン、シクロホスファミドの点滴は終了、
次回五回目からはドセタキセルに薬が変わります。
ドセタキセルのほうが吐き気の副作用は少ないらしく、
イメンドカプセルの内服は今回までで終了とのこと。
三回目の点滴の後は、今までよりも吐き気が強く出てきていたので、
今回は強めの吐き気止めの頓服薬として
抗がん剤のあとのみ処方の許可があるという「ゾフラン錠」も
追加してもらいました。
こちらは健康保険制度の制限で2回分のみの処方でした。
いつもの吐き気止め「ナシロビン錠」(ナウゼリン)も処方してもらい、
吐き気の程度で使い分け予定。

今日の朝は吐き気はさほどなく、元気にしていました。
いつも直後は意外と平気で、
3、4日後位からきつくなるようなので
気をつけて様子を見たいと思います。

そして、インフルエンザ予防接種の件。
主治医の赤目医師(仮名)に相談したところ、
抗がん剤点滴中はあまり接種がかぶらないほうがいいとは思うが、
接種2週間後の今月22日、
術後の経過観察のための胸腹部の造影CTを撮ろうと思っているので、
その時に採血もして結果を見て予防接種を打ちましょう、との話になりました。
肺炎球菌ワクチンも今後のためにはぜひ打ったほうがいいとのことですが
こちらは抗がん剤、放射線療法が終わった後にゆっくりやることに。
ほか、ぐらついている歯の治療をどうするか相談しましたが、
抜歯も含め、歯科の治療も一連の抗がん剤、放射線療法が済むまでは禁、
とのこと。

やっぱり治療中はいろいろ制限はあるみたいです。
何事も主治医相談がベスト、ですね。

今日の夕方、娘と息子もインフルエンザ予防接種してきました。
(私はまだ職場のワクチンの余り待ち・・・)
ちなみに先週の金曜日以降、
まだ新たなインフル患者さんはないそうです。(´▽`)