FC2ブログ
おたんこナースのきーちゃんとその家族の日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UVレジン まとめて作成
2015年10月20日 (火) | 編集 |
楽○ショッピングサイトにお気に入りの手芸パーツ店があり、
スーパーセールやらお買い物マラソンやらで
ついついまとめ買いした物などを一気に作成。

今回はミール皿で。
1020-6.jpg
上のほうはミール皿にマスキングテープを貼り、
レジンを流してパーツを封じ込めたもの。
下のほうはついに手を出したマニキュア宇宙塗り。
一番下左の革ひも付きは
以前に作っていたやり方で
パソコンで印刷した宇宙背景をミール皿に貼ったものです。

凝り症なのは父親譲りなので、
マニキュア宇宙塗りを試すにあたっては
自分にやりやすい方法を探して
ネット検索をずいぶんしました。
それでも出来上がってみると
なんかギンギラギン・・・。
(写真だとよくわからないかもですが、ラメがキツイ)
1020-5.jpg
アップで比較。
パソコン印刷した背景を貼ったものは
色のトーンが暗く単一になりやすいのと、
ミール皿の形状によっては貼りにくいものもあるので
今回は「塗り」を試してみたんですけど・・・。
うーん、微妙かなあ。( ̄~ ̄;)


今回、ネットでいろいろ検索するうちに辿り着いた収穫。
ミール皿など土台になる素材には
まず白い下塗り、そして紙など貼った上からは滲み防止剤を使うこと。
身近なお店で調達できるものを探して
使ってみたのはこちらの2点。
1020-1.jpg

イオンの中の手芸屋さんで購入した
デコパージュ用の下塗り剤「ジェッソ」
東急ハンズで購入した
滲み防止剤「ジュエリーシーラント」

UVレジン液を流しこんだとき、
土台が銀色だったり明るい色ならまだいいんですが、
金古美のような濃い色のものは背景が暗く沈んでしまい
思ったような色合いにならないんですよね。
白地で下塗りしておくと
上に貼った紙にレジン液がしみ込んでしまっても暗くなりにくい。
さらに滲み防止剤でコートしておけば
背景がまだらに滲んだりすることも防げます。
レジン液もパーツ類も結構お高いので
できるだけ失敗しないで作りたいですもんね。
根が雑でせっかちな私は
作るとなったらパパッと作っちゃいたいほうなんですが、
下塗りも滲み防止剤も充分に乾かすことが大事なようです。
あとマニキュア塗り後も丸一日程度乾かす時間が必要だとか。
よく乾かさないと
後から空気がポコポコ盛り上がって背景が悲惨な状況になるとか・・・。

今回の作成では
マニキュア背景は白の下塗りのみ。
マスキングテープは下塗り+念のため滲み防止剤でコートしました。
ふちのほうからレジンが滲んでしまうことがたまにあるので。

下地の白の上にマニキュアを塗っていくとき、
境目をぼかすのにつまようじを使ったら
下地までこすれて禿げて色が混ざってきちゃったり・・・。
キツすぎるマニキュアのラメのギラつきをどう抑えるか、など
作り方に改良の余地が多そうです。
試行錯誤して納得のひとつを作り出したいな。
スポンサーサイト
UVレジン バッグタグなど
2015年07月13日 (月) | 編集 |
レジン1

先日の記事では簡単に「レジン」と記しましたが、
私が使っているのは初心者向けのUVレジン、紫外線で固まる樹脂のほうです。
二液性のレジンは出来上がりまでに時間がかかることと、
一度に大量のレジン液を調合して使い切る必要があるので
趣味でちょこっとアクセサリーなど作ってみたいだけの初心者向きではないですから。

UVレジン液は
始めはお試しに100均のダイソーのハードタイプを使ってみたのですが、
どれだけUVランプに当てようと、日光にさらそうと
表面がべたついて乾かない・・・。
苦肉の策で水性のニスでコートしたら
べたつきはおさまったものの、少し経つと樹脂の黄変が・・・。
メーカー品は高いけど品質は良いとのことで
(定価なら3倍くらいです・・・)
いくつか作って慣れたところで手芸店で売っている清原製に変えました。

驚きましたよ。
100均はすぐに買えるしお手軽でいいのですが、
透明感、艶、べたつきのなさ、
品質には価格以上の差があると感じました。
ミール皿や中に封入するパーツは
100均や東急ハンズ、ネットショップなどで購入しています。

一時、プラ板に手を出した時も思ったのですが
図工のセンスがない私はどうにも柄がワンパターンで進歩がない・・・。
(|||_|||)
ネットで素敵な作品を見てまわって勉強するしかないな~。
納得のいく「ひとつ」をぜひ作ってみたいものです。
その後のミシン
2015年07月10日 (金) | 編集 |
ツートンカラーポーチ

ミシン、ボチボチと楽しんでますよ~。
こちらはツートンカラーのヘアゴムとポーチ。
ポーチの布タグ、もうちょっと内側でもよかったなあ・・・。
娘のリクエストです。材料はほぼ100均。(笑)
リバティの花柄布とか憧れるんですけどね、
いかんせん使いこなせるほどの腕じゃないのでまだ練習、練習。

自動糸通し、自動糸調子に助かっています。道具の進歩って凄いわあ。
ワンポイントの飾りがあると、下手クソなりにサマになって見えるからいいですね。
最近は100均ショップも手芸用品に力を入れていて、
ダイソーでは布タグもロール状で売っていました。
ビックリしつつも、買いだめ・・・。(どれだけ作る気??)

今は布小物とUVレジン手芸が中心のハンドメイド修業生活です。
レジン液は通販で安物に手を出したらニオイがきつくて大変でした・・・。
(やはり高くても安定の品質、清原製が一番かな)
100均のレジン液は黄変やべたつきがひどく、
練習としても使いづらいですが、
足しげく通って探すとパーツはおもしろいものが見つかったりします。
今度はレジン作品をのっけてみます。
ついにミシン買い替え!
2015年06月02日 (火) | 編集 |
娘の高校の行事に
学年クラス対抗の「民踊大会」なるものがあります。
毎年、この衣装を各自で手作りしないといけないのですが、
三年目にして上下セットすべて手作り、という状況に。
年代物のミシンは最近、調子がイマイチで
衣装用の布地が結構、厚かったせいなのか
直線縫いの途中ですら上糸がぶっちんぶっちん切れてしまう事が多く・・・。
キーッとなりながらなんとか期日までに仕上げたものの、
がまんの限界、夫のパチンコのもうけを分けてもらって
ミシンを買い換えることにしました。

時は「○天スーパーセール」開催前。
普段は密林派の私ですが、
ポイント付与につられて○天HP内をウロウロ。
ネットで見ては店舗の手芸屋さんに足を運び、
最近の実物ミシンの大きさや重さ、機能をチェック。

子どもはもう十分に大きくなってしまっているので
入園入学用品に欲しい文字や刺繍縫いの機能はいらない。
直線がまっすぐ縫えて、
他、実用的な縫い方ができればOK。
ジーンズのすそ上げなどの厚もの縫いに特化したやつが欲しかったけれど
付属品まで揃えるとかなりお高い・・・。
値段と機能、扱いの簡便さを比較し倒すこと一週間。
主婦にはおまけの多さもポイント高い。 ( ̄∀ ̄*)

ということで選んだのが「ジャノメNP400」という機種です。
約4万円。もろもろのおまけとポイント還元あり。
セール開催と同時にネットでポチしちゃいました。
昨日発送のお知らせが来たので
今日は朝から張り切って宅配便を待っているのですが
地元営業所預かりのまま、配送状況が変わりません・・・。(|||_|||)
そろそろタイムリミットで夕方の仕事に行かなくちゃいけないんですが。

しかし○天セール、侮れません。
ついでにネットサーフィンして
直火OKの万古焼の目玉焼き器をゲット。
これはウン10年前に姑が買ったやつが割れてしまって
以前から探していたんですが、
おいしい目玉焼きが作れるんですよ~。
後は手芸用品もろもろ。
以前から欲しかった布タグだったり、レジン用のパーツだったり。


買っちゃってから遅いんですが
後で来るクレジットカードの請求額が怖い・・・。 ガクブル((ノ)゚Д゚(ヽ))ガクブル
昔は買い物依存症と言えば
「高級デパートに行って、セレブ気分で高級品を買う」印象でしたが
最近は圧倒的にネットショッピングでしょうねえ。
ここでタガが外れておかしな道に行かないように気をつけなくては。
ヘアゴムたち
2015年05月17日 (日) | 編集 |
ヘアゴム

ヘアゴムいろいろ。
ちりめん風の布でつまみ細工プレートで作ったもの、
王冠型のミール皿にレジンで作ったもの。
市販のシュシュのようなボリュームはないので
アラフィフ女性の髪を束ねるのには
手ごろな大きさと形です。

これも必要に迫られて作ったものたちですね。 (-o-;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。