FC2ブログ
おたんこナースのきーちゃんとその家族の日記です。
ヲタクの殿堂
2009年09月25日 (金) | 編集 |

シルバーウィーク明けの昨日、K医院は戦場のようでした。
朝、8時30分に窓口のシャッターあけた時点で
すでに順番取りに来ていた人が30人超・・・。ヾ(- -;)
休み明けの気の緩み?か些細な連絡ミスも出たりして、
センセは怒る、待ちくたびれた患者さんはイライラ。
昨日はまぢで仕事、辞めたくなりました・・・。(;´ρ`)
幸い、インフルエンザの流行拡大はそれほどありません。

 

んでもって、シルバーウィークですが、
22日、日帰りで遠出しました。
新幹線を乗り継いで(!)向かった先は・・・。

ヲタクの殿堂、「てっぱく」!!
埼玉は大宮にある鉄道博物館です。

まずは東海道新幹線で東京へ。
これは夫P夫の希望でN700系に乗車。
東京から二階建て新幹線のMaxやまびこで大宮へ。
大宮からはニューシャトル(新交通システム)で
鉄道博物館へ。
帰りは大宮から合体新幹線やまびことつばさの連結したやつの
つばさ部分に乗車。
東京からは300系新幹線・・・と、まあ、
マニアックな「乗り鉄」旅でありました。

この「てっぱく」、すごい人気なのでビックリ。
なんとか10時の開館すぐくらいにたどり着いたのですが、
もう入り口には長蛇の列。人がとぐろ巻いてました。
入場と同時にミニ列車の運転予約を取ろうとしましたが、
すでに10時の部は打ち切り。
展示してある列車を少し見た後、
P夫とかずぼんは運転シュミレーターの行列に並び、
私となーちゃんは12時の部の予約の列に1時間以上並びました。
で、最終的に取れた予約は16時から・・・。(ノ_-;)

運転シュミレーターは実写版リアル電車でGO!
見ていて面白かったです。
ここには日本初のSLの運転シュミレーターもあるのですが、
こちらは一日30組にも満たない数しか予約枠がなく、
平日でも早朝から並ぶ覚悟がいるそうな・・・。
まあ、ミニ列車運転の予約が取れただけでもヨシ、でしたよ。
屋上で駅弁を食べ、展示物を見て、
かずぼんは終始大はしゃぎでした。
なーちゃんも思ったより楽しめたようで、
ミニ列車の運転では駅を通り越したところに止まってしまい、
悔しがっておりました。
このミニ列車運転、1回につき200円かかるのですが、
デパートにある小さな列車の運転コーナーなんかとは規模が違う!
全長、150メートルくらい?あります。
さすが、博物館のシロモノ。

最後にパソコンで自分たちの好きな列車をデザインする企画に参加、
かずぼん、得意になってやってました。
学校の勉強とは熱の入り方が全然ちがうのね・・・。

「てっぱく」で働くお兄さんがみな「マニア君」に見えてしまったのは
私だけかしら・・・。
(展示物の説明口調が「マニアくさい」とは同類のP夫の弁。)
おねえさんはきれいな人が多かったんだけどね~。

 

そしてP夫はまたしてもパチンコ貯金にいそしむのであります。
次の目標は家族でディズニーランド!?ン十万円だそーな。
そりゃ無謀だわ・・・。≧(´▽`)≦


スポンサーサイト



シルバーウィーク
2009年09月21日 (月) | 編集 |

シルバーウィーク。
なんだかこの呼び方に違和感を感じるのは私だけ?
これって、高齢者労わり週間?みたいでしっくりこないんですが・・・。

世間のお父様方はまるっと五連休なのかなあ。
ウチのダンナは昨日、今日は徹夜勤務。
昨日はおべんとうも作って持たせましたよ。
一応、弁当日記なるメモをつけ、
おかずが重ならないようにしているものの・・・。
もうすでに二ヶ月目にしてレパートリーが尽きそうです。
(毎日でもないのに・・・あ~。)
明日、あさってはダンナも連休。
このところ好調だったダンナのパチンコの儲けで
ちょこっと遠出しようかと検討中。( ̄m ̄* )ムフッ♪

今日付けの中日新聞に
新型インフルワクチン、大人は一回の接種で済みそうだという記事が。
過去に罹ったAソ連型インフルの免疫との相乗効果で、
一回の接種でもかなりの確率で免疫獲得が期待できそうだとか。
もっとも、確実に予防したい基礎疾患のある方なんかは
当初の予定通り二回接種が望ましいようです。
受けるすべての人に二回接種が必要なくなれば、
ワクチンの余りも出て、
希望者により広く行き渡るようになるかも・・・。
私たち医療従事者にとってもありがたい話なのですが。

でも今後、季節性インフルと新型インフルがごっちゃになって流行した場合、
新型ワクチン接種の効果ってどうやって判定するんだろ??
簡易検査ではA型はA型としかわからないんだけど。
治療薬に関しては同じなので治療には問題はないんですが・・・。( ̄~ ̄;)
素朴なギモンです。


キター!!
2009年09月16日 (水) | 編集 |

大変悲しいことに・・・。

今週に入って近隣の小学校にインフルエンザ流行の波が・・・。
すでに大波!!でして、
毎日のように患者さんがやってきます。
(みなさんA型ですので、やはり新型かと。)
今回のインフルエンザ、
学校の同級生や兄弟など
子どもさん同士の間ではあっという間にうつるのですが、
なぜかその親や祖父母への感染はさほど多くありません。
(あくまで当院での傾向ですが)
ノロウィルスなんかがキョーレツに家族感染したことに比べると、
今のところかなり少ないような印象です。
とはいえ油断は禁物。
抵抗力が落ちていればあっけなくうつる可能性もあります。
基礎疾患がある方は要注意です。
全国統計では基礎疾患が無くて重症化した人もかなりいるようです。
結局、誰しも注意が必要、ということなんでしょう、ウン。

 

今日、かずぼんを連れて児童精神科の診察に行きました。
先生と精神心理士さんにゆっくりと話を聞いていただきました。
ADHDかどうか、具体的な診断に関してはすぐにはわからないと
先生はやんわり話してくださいましたが、
学習に支障があり、治療薬を希望するならと
認可されたばかりの新しい薬「ストラテラ」を薦められました。
薬をどうするかは次回まで考えてから、となりました。
この新薬がまだ情報が少なくて・・・。
従来の治療薬である「コンサータ」とは作用のしくみが根本から違うので、
「コンサータ」の情報しか知らなかった私には
まだまだ迷うところがいっぱいです。(ノ_-;)


市民がん健診
2009年09月14日 (月) | 編集 |

またサボリ癖が出ないうちに記事書きます・・・。(´~`ヾ)

インフルエンザ患者さんはまだボチボチ程度なK医院。
いよいよ追い込みに入った市の特定健診と市民がん検診で、
毎日走り回っています。

 

このブログを見に来てくださる方はまだお若い方が多いかな。
特定健診も市民がん検診も40歳以上の方が対象なので、
あー、もうちょっと先だわなんて思っててもらってもいいのですが・・・。
40歳以上の方で会社勤めをしておらず、
ふだんに健診を受ける機会が無い方は、
ぜひ、このような機会は利用してくださいね。
今日は市民がん検診のお話。
全国どこの市町村でも同じように行われているはずです。
(期間と自己負担額はビミョーに異なると思いますが・・・)

会社などの定期健診を受ける機会のない、
40歳以上の市民が対象になります。
当市の項目は、
肺がん検診(胸部レントゲン・全員無料)
胃がん検診(胃バリウム検査・75歳未満2000円)、
乳がん検診(触診・75歳未満500円)、
大腸がん検診(検便・75歳未満500円)、
前立腺がん検診(血液検査・75歳未満1500円・5歳ごとの節目年齢の方のみ)。
75歳以上の方は基本、すべて無料になりますね。
あ、女性には大事な子宮がん検診もありました。
こちらは産婦人科でしかやってないので・・・。(^^ゞ

 

胸のレントゲンなんかは40歳過ぎたら年に一度は
チェックする機会があるといいですよ。
(喫煙者の方はなおさらです)
胃は過去に胃の病気の既往がない方、
胃腸に自覚症状のない方は
一、二年に一回くらい、
検診で胃のバリウム検査を受けるのがいいかと思います。
他の都市はよくわかりませんが、
当市では市の胃がん検診、として行えるのはバリウムのみです。
バリウム検査で異常があった場合、
健康保険を使って二次検査の胃カメラを行います。
過去に胃や十二指腸潰瘍の既往がある人、
ポリープがあった人は二次検査になる確率が高いので、
最初から胃カメラを受けたほうがいいかもしれません。
あと食事がつかえるとか、胃に痛みがあるなんて人も、
最初から胃カメラにしたほうが無難です。
なにせ直接覗いたほうが決着が早い!
異常があったらすぐに胃の壁の細胞を取って精密検査できます。
ピロリ菌の有無もわかります。

正直、胃バリウム検査には向かない人ってのもいますね。
まずは頑固な便秘症の方。
バリウムを飲んだ後は必ず、下剤を飲んで
腸にバリウムが残らないようにしてもらうんですが、
これが出なくておなかがカンカンに張ってしまう方、
年に数人、あります。
あと、意識して数秒、姿勢を保ったり、呼吸を止められない方。
写真がブレて読影できません・・・。
バリウムと一緒に、胃を膨らませるために
炭酸の粉末みたいなの(発泡剤)を飲んでもらいますが、
ゲップが我慢できない人も困ります。
飲んだ瞬間に某芸人さんみたいに
「ゲフッ」とやる方は、何度も発泡剤を飲ませるハメに・・・。
生理的にバリウムを受け付けない、飲めない方・・・。これは論外か。
胃カメラもあまり神経質な方は飲み込みに苦労しますが、
安定剤の注射などで対処できるのでなんとかなります。

乳がん検診は触診だけでは本来、あまり意味が無いようです。
初期の小さな腫瘤は見落としやすいそうです。
できればマンモグラフィーも併用して受けたいものですが、
コレ、とんでもなく痛いです・・・。

大腸がん検診は頑固な便秘や痔のある人には向かないかも。
念のため2回、検便を提出してもらいますが、
一回でも血液陽性反応が出ると
二次検査(大腸カメラ)を勧めています。

がん検診ではありませんが、
当市ではこの時期、肝炎ウィルス検査もあります。
こちらは全員無料で、過去に検査を受けたことの無い人が対象。
B型、C型肝炎の感染のチェックができます。

 

どの市町村でも行われている検診のはずですので、
対象になる方はぜひ、
自分の市の検診期間や料金などを調べて受けてみてくださいね。
自分の健康は自分で守る時代ですから。



あれれ!
2009年09月09日 (水) | 編集 |

今日は午前中の診療の介助についていましたが、
ここへ来てインフルエンザがチラチラと・・・。( ̄◇ ̄;)

今日は2家族、4人がインフルエンザと診断されました。
子どもからその兄弟、親へ、というパターン。
国保の特定健康診査も追い込みで受診者が増え、
予約扱いの患者さんが待ち時間が長いと怒り出し・・・。
あーれー!
おまけに先生までヒスりだしちゃうし。
(先生は♂ですが・・・オトコの更年期??)

インフルエンザが疑われる患者さんは一本、電話をしてから、
できるだけ空いている時間に来ていただけるとありがたいけど・・・。
これからはそうも言ってられないか。

国保の特定健診と市民ガン検診の締め切りが10月末なんですが、
今後はもっと駆け込み受診者が増えるんだろうし、
インフルエンザの流行&ワクチン予約で
10月はパニックの予感・・・。
うーん、ここらが頑張りどころかなあ。


どうなる?今年のインフルエンザワクチン・2
2009年09月08日 (火) | 編集 |

いやはや、なんとも・・・。(ノ_-;)

今日付けの中日新聞朝刊に
新型インフルエンザワクチンは
基本、大人も子どもも2回接種、
接種料金は2回で8千円前後との見通しが・・・。
(免疫ををしっかりつけるためには大人も2回接種だそうな)
全額自己負担になるかどうかはまだ定かではないものの、
季節性のインフルエンザと合わせて家族で接種となったら、
どーすりゃいいのよ。
せっかく政権取った民主党も
対応いかんでは
支持率、下がったりするんじゃないかしらん。

接種を受け付ける医療機関も限られるようで
(このあたりは仕方ないんだろうけど)
私たちのような地方の開業医に勤める医療従事者自身は
ちゃんと接種の機会が与えられるのかなあ。
予防接種のためによその病院に出向かなきゃいけないのかな。

日々、混乱が深まっていくような気がします。
幸い、この地域では今のところ流行の兆しはありません。

 


おべんとうのおかず
2009年09月07日 (月) | 編集 |

今年の7月から、大体週に2日ほど、
夫の夜勤用のお弁当を作っています。
毎日じゃないからラクなんだけど、
レパートリーが少なくて、なんだか似たようなモノばかり
作って入れている気が・・・。(´~`ヾ)

7月に夫の勤務移動があり、
職場が名古屋の中心部になってしまい、
交代で夜勤がある上に
給食もなくなってしまったんです。
昼間は一食300円(!)の格安弁当の販売があるらしいんですが、
夜は食べに行くことも買いに出ることもできず、
とても不便になったと泣きつかれ・・・。
まあ、しゃーないねえと夜勤用弁当、作ることになりました。
(幸い、職場の中は冷房ガンガン、
 夜までお弁当が傷む心配はないとのこと。)
今は冷凍食品が充実してるんで、
ちょっとしたスキマ埋めには困らないものの、
メインとサブおかずくらいは手作りしてあげないと
さすがにかわいそうだということで、
毎回、奮闘中。( ̄‥ ̄)=3

さて・・・。
行きつけの某お料理サイトでは、
おべんとうのおかず、で検索すると
3種の神器ともいうべきサブおかず食材があります。
たまご、ウィンナー、そして「ちくわ」。
この「ちくわ」が主婦の心強い味方なんですよ、
安いし、結構使える。
ちくわに薄切り肉を巻いてかさ増ししたり、
中に野菜を入れていろどりにしたり、
チーズを絡めたり
きんぴら風に炒めたり・・・etc
でも、ウチの夫は「ちくわ」があまり好きでないのか、
たまに「また、ちくわ・・・」とつぶやいています。( ̄∇ ̄*)ゞ
(毎回入れすぎただけか・・・)
卵焼きもできるだけ違うものを入れてたんですが、
「甘いのがいちばんウマイ」と言われて、
甘めの出し巻きかノーマルな甘い卵焼きばかりになっちゃった。

メインはほとんどお肉系。たまに魚。
(夫は基本、魚より肉、の人なので。)
サブおかずを一品に、
庭のプランターで姑てーちゃんが育てたミニトマト、
青菜かインゲン、ピーマンなんかのおひたし系を加えて、
スキマに冷凍食品を1、2個入れて・・・。
30分あれば格好はつくものの、
詰め方もワンパターンで、なんだかなあ・・・。
こういうのもセンスがあるんですよね、ホント。

いい年のオッサンにキャラ弁、とはいかなくても、
たまには華やかな?お弁当にしてみたいなあ。
お父さん世代向けのお弁当のアイディアお持ちの方、
ぜひ教えてくださいませ。


どうなる?今年のインフルエンザワクチン
2009年09月05日 (土) | 編集 |

さんざんサボってたくせに、
一度更新するとなんだかやる気復活?なきーちゃんです。(´~`ヾ)

昨日は新型インフルエンザについてちらっと書きましたが、
今日は今年のインフルエンザワクチンの
わがK医院での取り扱いについて少し。
大きな病院など、他院の状況はわかりませんが、
地方の一開業医ではこんな感じ、というあたりだけ・・・。

厚生労働省は新型インフルエンザの流行のピークは10月、
と当初予想していましたが、
新型インフルワクチンは10月下旬から順次開始予定とのこと。
これって、いささか遅くないですかねえ~。
それも優先順位をつけての接種となります。
今のところの案では「医療従事者」が最優先。
第2位以下は「妊婦と持病のある人」、「一歳から就学前の幼児」、
「一歳未満の乳児の両親」の順。
この順位付けもなかなか議論を呼ぶかもしれませんね・・・。

K医院でも毎日、新型インフルワクチンについて問い合わせがあります。
病院に定期的に通院している患者さんたちでは、
もちろんみなさん、「持病」はあるわけです。
でも、同じ「持病もち」であっても、
軽度の高血圧や糖尿病の人と、
心疾患や腎臓病、喘息のある人など、
さらに優先順位をつけるべきなのか、
それとも申し込み順に受け付けていくべきなのか・・・。
(後で絶対に文句言う人が出そうだよ・・・トホホ)
接種にかかる費用の負担がどうなるかわからないのも困ります。
特に幼児など季節性インフルエンザと合わせると
計4回、接種したら相当な負担ですもん。
(いや、それ以上に痛いのもかわいそうだ!)

ワクチンの不足分は海外製のものを輸入する、といった方針も、
簡単に受け入れられるものでしょうか?
輸入ワクチンに含まれる添加物が日本人にはどう影響するのか、
それもよくわからない状態ではお粗末すぎやしませんかねえ。

というわけで、
現在、K医院では新型ワクチン接種については予約を入れず、
今後の様子を見ると説明しています。
従来の季節性のインフルエンザワクチンに関しては
ワクチン入荷のめどが立ち次第、予約を入れていくとしています。
しかし、こちらも相当数の申し込みが殺到しそうな上、
新型とのからみでどれだけの量が確保できるか微妙です。

 

自己防衛に努めつつ、
まずは早めに
従来の季節性インフルエンザワクチンの接種予約をし、
新型のほうは動向を見る・・・。
今のところ、コレが一番賢い選択かもしれません。
あ、あと、
小学校6年生の二種混合(DT)ワクチン、
小学校入学を控えた年長児さんと
中学校1年生、高校3年生の麻疹風疹混合(MR)ワクチンの対象者で
接種がまだ済んでいないお子さんは
体調をみて今のうちに済ませてください。
今後のインフルエンザワクチン接種のスケジュールに影響が出ます。
それに、インフルエンザが流行りだした頃に
定期のワクチン接種のためにわざわざ病院に出向くのもどうでしょう?
まだの方はぜひお早めに。
同じことは幼児の三種混合や麻疹風疹混合ワクチンの接種にも言えますが。
秋以降に接種を予定している幼児さんも
かかり付け医と相談して、うまくスケジュールを組んでくださいね。

また、K医院での情報が入り次第、
書き込んでいこうかなと思っています。


新型パニック!
2009年09月04日 (金) | 編集 |

えと、久しぶりに記事更新したら早速コメントなんかも頂いたので、
調子に乗って今日もです。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ。


今の時期、皆さんピリピリしてるのが新型インフルエンザですよね。
私の勤務するK医院では、
今のところあまり患者さんは増えていません。
8月のお盆過ぎに一日に4,5人、A型陽性者が出た日はあったんですが、
その後はまだチラチラ程度です。
高熱が出た人は念のために隔離処置を取っていますが、
所詮は開業医の個人医院、
点滴スペースをカーテンで仕切って、
マスク着用で待機していてもらう以外に場所が無いんです・・・。
(あるいは診察まで車中で待機くらい。)

病院ではせめてその程度は隔離ができでも、
裏の処方せん薬局になるとホントにスペースが無くて、
待合室にみんなゴッチャで薬待ち・・・。これもどーなんだろ?
患者さんが10代の子どもさんだとタミフルが使えない分
吸入薬のリレンザを処方するんですが、
本人さんがしっかり使い方を聞いて吸入してもらわないと効果が無いので、
やっぱり薬局で待機しててもらわなきゃいけないし・・・。

今後、ワクチンや治療薬は十分にいき渡るのか?とか、
検査キットやマスク、消毒薬、使い捨て手袋など、
院内の備品は確保できるのか?など
懸念はいっぱい。
私個人としては6年生の娘なーちゃんの修学旅行が、
春から延期になった今月末、
またもやいけなくなるんじゃないかと心配しています・・・。(ノ_-;)
まだ、ウチの子どもたちの小学校ではほとんど流行はないようですが。

 

町の薬局の店頭からは再びマスクが消え、
うがい薬なんかも売り切れ状態。
手の消毒薬なんかもいっぱい、置いてあったのが
すぐ売れてしまいます。
基本は生活のリズムを整え、よく食べて眠り、
できる限り人ごみを避け、
外から帰ったら流水で手洗い、水でいいからうがい

この程度でも
それなりに予防効果は期待できるんじゃないかと思います。
私は仕事柄、今回は早めにマスクも買いだめしましたが、
マスクを過信しすぎてもいけませんよね。
まずっはせっせと手洗い、うがいにいそしみます。
みなさんも十分にお気をつけくださいね。


気がつけば夏も・・・
2009年09月03日 (木) | 編集 |

いや、気がつけば夏も終わりかけ・・・。( ̄▽ ̄;)!!

やっと新学期が始まり、落ち着きを取り戻しつつあるきーちゃん家。
夏休み後半の私の叫びはご近所中に響き渡っていたのだろうなあ・・・。

「この!ドかず~」

我ながらよくやった。
あのかずぼんに夏休みの宿題フルコース
(含・自由研究、読書感想文、ポスターに習字)やらせたんだから・・・。
でも、かずぼんにとってはただ「やった」というだけで、
あまり身になってはいないかもしれないけど。(ノ_-;)

かずぼんにはおそらく、ベースに
「ADHD」(注意欠陥多動性障害)があるのだと思います。
プラスLD(学習障害)があります。
(アスペルガー症候群がかぶっているような印象もありますが。
まず、当面の問題はLDです。)
今月、ついに児童精神科で診察してもらうことにしました。
診断病名をもらうだけのことに意義はあるのか?などと
ここ1,2年は悩んできましたが、
高学年になるにつれ、学校での学習の支障が大きくなり、
ADHDであるなら「学校に行くときのみの投薬」という選択肢も含めて、
一度検討してみたほうがいいだろうという結論に達したのです。
私もあちこちの自助グループのようなところに参加し、
同じような子どもさんの親御さんたちの話も聞いて、
いったいどこに受診したらいいのかなど、
親としてやるべきことを模索してきました。

思春期に入り、
本人の自我が確立して周りを見たときに
「自分は何をやってもダメなやつなんじゃないか」という
自己否定の気持ちが大きくなってしまわないように導いてやるのが
大人の役割なのだろうなあと思っています。
それにしては夏休み後半は怒りすぎちゃった気はするけど・・・。(´~`ヾ)

 

家庭のこと、仕事のこと、
日々忙しく悩みは尽きません。
ブログも一度、リニューアルして中身も整理したいんですが・・・。
こんな僻地の放置ブログをときどきでも覗いて下さっているみなさん、
いつもありがとう。m(__)m
もうちょっとまじめに更新します・・・。