FC2ブログ
おたんこナースのきーちゃんとその家族の日記です。
薬が高い!!
2009年10月27日 (火) | 編集 |

え~、ついにウチの子どもたちの通う小学校にも
新型インフル流行の大波が到来しました・・・。(ノ_-;)

昨日付けで2クラスが学級閉鎖、
全体の患者数の動向では学年、学校閉鎖もありうるとのこと。
ただでさえ仕事も忙しいのに、
いつ子どもが学校から帰されるかわからないのは不安です。
姑てーちゃんにもなるべく家にいてもらうようにしなくちゃ。
私の職場にも同じ小学校の子どもたちがたくさん、
診察や予防接種に来ています。
「あー、かずぼんのかあさんだ!」
などと言われることもたびたび・・・。
う・・・、注射の失敗とか見られませんように。

 

さて、かずぼんの薬ストラテラですが・・・。
昨日は私だけが薬をもらいに診察に行き、
副作用もほとんど見られないことから
当面の維持量となる一日30mgに増量になりました。
以前から高い薬、とは思っていたのですが・・・。
昨日の会計は診察1970円、薬代一週間2760円ナリ・・・; ̄ロ ̄)!!
(ちなみに自己負担3割。
 私の住む市では小学生の医療費は申請すると
 後日、三分の二が返還されます。でもだいぶ後です、お金が戻るのは)

今のところ副作用や投薬後の変化を見るために
一週間に一度の診察なのですが、
これがほぼ毎回1970円。
薬代は今まで一週間分1200円台~1700円台だったのが
一気に2000円台後半に・・・。
一週間で2760円ってことは一ヶ月にしたら1万円以上!!!

同じADHDで、コンサータを処方されている方の場合、
(この方は中学一年生ですが)
一ヶ月の診察と処方をあわせても自己負担3割で6800円ほどだそうです。
これでも高いとは思うけど・・・。

この先、私のパート代はかずぼんの薬代に消えていくのですね・・・。
母は頑張るからね。( ̄‥ ̄)=3
かずぼんもいい変化が見られますように・・・。
でも今のところ、目だった効果?はないみたい・・・(;´д`)

 


スポンサーサイト



特別支援学級
2009年10月23日 (金) | 編集 |

季節性インフルエンザの予防接種、始まりました。
当院の接種料金は大人一回接種が2800円、
13歳未満の子どもは二回接種なので一回につき2100円です。
おそらく平均的なお値段だと思いますが・・・。
それでも家族連れで接種となると、
両親と子ども2人の4人家族でまともに打ったら1万4000円・・・。ヾ(;゜曲゜)ノ
(両親は一回接種、子どもたちは二回接種の場合)

新型のほうは未だ音沙汰ナシ??で、
医療従事者の私たちもまだ接種時期は未定です。
今回の新型ワクチンは一度注文してしまうと返品不可という
なんともならないシロモノなので、
今後、予約をまとめては発注・・・みたいな流れだと思いますが、
混乱は必至です。
とりあえずかかったら重篤になりそうな患者さんをピックアップして、
ワクチン接種の希望を聞いていくことから始まりそうです。

 

さてさて、かずぼんなのですが・・・。
先日、学校の担任、教頭先生、教務主任の三先生と、
私とP夫で話し合いをしました。
今のところ「ストラテラ」は主作用も副作用もはっきりしませんが、
増量して内服を続けています。
学校のほうはやはり個別指導が望ましい、とのことで、
かずぼん自身も
「静かなところで勉強したい」と言っているため、
三学期か進級時をめどに「特別支援学級」へ籍を移す方向で
考えていくことにしました。
普通学級に籍を置いて、
国語や算数などの基礎教科のみ特別支援学級へ行く、ということは
現制度ではできないらしく、
同じ学校内にある特別支援学級に籍を置き、
交流学習という形で音楽や体育などの科目を普通学級の子達と一緒にやる、
そんなふうになるそうです。

昔は「特殊学級」という呼ばれ方で、
心身ともに不自由な子どもたちのためのクラス、
というイメージがありますが、
今の「特別支援学級」にはいろんな子どもたちが在籍しているようです。
かずぼんの小学校には
主に「情緒面」での支援が必要な子を受け入れるクラスと
「知能面」での支援が必要な子を受け入れるクラス、
二つの支援の学級があるそうです。
(このあたりは私自身、まだうろ覚えの知識なのですみません)
かずぼんの場合はどちらになるのか現時点ではよくわかりませんが。

かずぼんは
正式に「ADHD」との病名はもらっていません。
(薬を出す以上、カルテ上の診断病名はついていると思いますが。)
「LD」・・・学習障害の状態にあることだけははっきりしています。
病名をつけることが大切なのではなく、
この子にとって必要な援助は何か?を考えて動けばよい、という
主治医の先生のお話もありました。
私と夫はかずぼんが「勉強をしたい」と言ったその希望を
できるだけかなえてやろうと思いました。
仲良くなった今のクラスのお友達とは少し、縁遠くなっちゃうかもよ?
みたいな話もしましたが、
かずぼん自身が
「それでも勉強してみたい。
 僕はたくさんの人の中にいるとうるさくて気が散っちゃう。」
と言うのです。

彼の中でも授業中に自分がゴソゴソ動いたら
みんなに迷惑をかける、ということはわかるんです。
でも動きたい衝動を抑えられない。
そのジレンマは彼自身が一番感じているのです。
学習面でもこれ以上差が広がらないうちに、
本人が少しでも集中して勉強できる環境を整えてやること・・・。
そのことが本人の未来への可能性につながるはず。
親の気持ちの上での抵抗はやっぱり二の次、
とすべきでしょう・・・。(ノ_-;)

特別支援学級への転籍には親の同意と、校長先生の意見書が必要で
それを教育委員会で審査のうえ、決定が出るとのことでした。
同じように手続きを踏めば、
後に普通学級に戻ることもできるそうです。
学校側だけの判断で特別支援学級に入れることは法律上はムリです。
そろそろ新入学の手続きなども始まる時期なので、
同じような傾向を持つお子さんの親御さんで
普通学級に入れるか、特別支援学級に入れるか
悩まれる方もあるかと思います。
ぜひ、お話を聞かせていただけたら、と思います。m(__)m


かずぼんの薬
2009年10月19日 (月) | 編集 |

早いところでは今週から、医療従事者向けの
新型インフルエンザの予防接種が始まるようです。

私の勤める医院でも申請はしているようなのですが、
県レベルで混乱があり、接種は当分先になりそうです。
この「医療従事者」の定義ががクセものらしいんですね。
たとえば、病院でも医師や看護師は優先接種者になっても、
受付や会計の事務職員は含まれないとか、
訪問看護師は含まれない、
歯科医師は含まれないetc・・・。
そんなのおかしいでしょ??

ウチの医院では今日から
通常の季節性インフルエンザの予防接種が始まります。
新型との絡みもあるせいか、
今年は早い時期から予約が殺到。
10月いっぱいは健診も立て込んでいて
さらに忙しくなりそうです・・・。コワイ。

 

さて、今日の話題は息子かずぼんのこと。

先週からADHDの新薬、「ストラテラ」の内服を開始しました。
まずは少量の一回5㎎×2(朝・夕)から開始、
明日から一回10㎎×2(朝・夕)に増量予定。
最終的には現在体重25キロなので、
一日量が30㎎程度まで増量していくようです。
副作用の項目を見ると普通の食欲不振やら眠気やらに混じって
乱暴な行為や態度を取る、死にたいと口にする、
幻聴や幻覚・・・みたいなコワーイことも書かれていて、
ちょっとビビります。
薬の副作用は「まずは無いだろう万が一のこと」まで
可能性として触れておくものなので、
心配するほどのことはないんですがね・・・。

薬を飲み始めてから副作用も主作用も
まだ実感するほどのことはありません。
(なんといっても少量からはじめたばかりですし)

昨日、町内のお祭りで
上級生にしかられたかずぼんが
しかった子の腕に噛み付いて歯型を残す、という
なんともな~な事件を起こしてしまいました。
(なんでも太い棒を持って遊んでいたかずぼんに
 「危ないから棒を離せ」と上級生が怒ったらしいです。
 かずぼんとしては気に入ったものを取り上げられるのは
 ものすごく抵抗がある子なので、
 なかなか離さないでいたら上級生のほうもエスカレートして
 実力行使にでたようで、そこでガブッと・・・。)
まだ飲み始めの薬では、
この手の「衝動性」を押さえるのも難しいんでしょうね。

私自身はその場に居合わせず、
子ども会の役員の仕事をしていたのですが
みんなに責められて脱走するかずぼんを追いかけて、
なんとか上級生に謝らせ、許してもらいました。
また噛み付いちゃった上級生の親御さんは
この地域の小学校、子供会関連の行事を牛耳っているつわものさんで・・・。
一応、平謝りはしたものの、
来年以降、お姉ちゃんが卒業していなくなった後の
子供会行事への参加に不安を残しました。

今日は放課後、学校との話し合いも待っています。
どうか夫ともども感情に流されず、
冷静に話ができますように・・・。


お疲れ・2
2009年10月10日 (土) | 編集 |

ああ・・・。
また一週間サボっちゃった。_(^^;)ゞ

毎日午前中の診療が13時過ぎまでかかるので、
昼から家にいても疲れでぐだぐだ。
私は午前勤務の日と午後勤務の日があるのですが、
今週は職員の病欠でずっと午前中に働いてました。
昼食べたらあっという間に子どもたちが帰ってきて、
かずぼんに宿題をやらせるのにまた格闘して
一日が、一週間が、あっという間に過ぎてしまいました。
ホント、早かった。

インフルエンザ(今流行中のはおそらく新型)は
再び流行の勢いが増してきたかな~。
当院では今月末から
季節性インフルエンザの予防接種が始まるので、
その予約対応にも大わらわです。
やっぱりワクチンが足りなくなりそうとのことで、
13歳以上の方は基本1回接種で
(昨年まで受験生や持病のある方は希望で2回接種もしてました)
接種対象は過去に当院に受診暦のある方に限らせてもらうことに。
早い時期から予防接種に人が殺到すると、
そういう年に限って流行が遅くて
効果が切れる春先から流行したりしないかしらん・・・。( ̄~ ̄;)

小学生に新型インフルエンザの予防接種が廻ってくる頃には
うちの子たちもかかっちゃった後だろうなあ、きっと。
とりあえず季節性のものは接種予約してきました。
家族の看病のためとはいえ、私も仕事は休みづらいですしね。
今の時期のA型インフル、ほぼ新型といわれてますが、
ホントに小中高校くらいの兄弟間では
ほぼ完璧にうつりますね。
3兄弟全滅、の家庭も数組・・・。
いまのところ、大人は少ないです。
あと、簡易キットで調べてもその日は陰性で、
次の日も熱の下がりが悪いと再検査して
そこで陽性になるパターンが非常に多いです。
熱の上がりはじめから12時間以上たった頃が調べ頃と言われるのですが、
この時期、皆さん過敏になってますから
熱が上がるとすぐに来院して検査希望ってことが多いからかなあ・・・?
検査キットの精度なのか、新型の特徴なのか
単純に時間が早すぎるだけなのか・・・。( ̄へ ̄|||)

 

今日から世間は三連休。
外出から帰ったら、まずはうがいと手洗いを。

 

 



お疲れ・・・
2009年10月02日 (金) | 編集 |

一週間のご無沙汰でございます。m(__)m

先週は週末に子どもの学校の運動会があり、
その後、職場の都合で毎日午前中出勤して、
午後はグッタリ・・・。

午前中の診療は基本12時に受け付け終了、
12時30分診察終了の予定なんですが、
この一週間は13時過ぎまで走り回っています。
検診追い込みで患者さんが多いこともありますが、
機械のトラブルやら、
インフルエンザワクチンの問い合わせやら、
こまごまとした雑用も多くて人手が取られるんですよね。

 

新型インフルエンザワクチン、
どうやら接種の金額が決まったみたいですね。
二回接種で全国一律6150円とか。
一回目が3600円、二回目が2550円。
この値段の分け方は大人の場合、
一回接種でもある程度免疫がつくと予想されることから来てるのかな?
それにしても季節性のものと合わせると
かなりの出費が予想されますよね。

で、今多い問い合わせが
この秋までににすでにA型にかかった場合、
インフルエンザワクチンは何を接種したらいいか?というもの。
医療機関にいる人間としては
今流行中のA型インフルはほぼすべて「新型」と思っているのですが、
一般の方たちは区別がつきませんよね。( ̄~ ̄;)

この夏から秋にかけてA型インフルエンザに罹っている人は、
この冬以降のワクチンは従来の「季節性インフルエンザ」のものだけを
接種してもらえば大丈夫かと思います。
(今年の新型にはすでにかかって免疫ができていると考えられます。)
従来の季節性インフルのワクチンには
今シーズン流行が予想される
従来のA型、B型のウィルスに備えた成分が含まれます。
今年の3月、4月頃にかかっている人でしたら
おそらく先シーズンの季節性インフルエンザですので
新型ワクチンも接種したほうがいいでしょう。
言い回しがややこしくてわかりにくいかもしれませんが・・・。

目安を簡単に示すと
・今年の5月以降、一度もインフルエンザにかかってない人・・・新型+従来の季節性
・今年の5月以降現在までにA型にかかった人・・・従来の季節性のみ
人によっては新型のみ接種したい、という人もあるかもしれませんが・・・。
「この冬、なるべくインフルエンザにかかりたくない」というなら
両方受けないと意味ないでしょうねえ。
新型だけが特に重症化するわけではないですから。
免疫を持っている人が少なく、
かかりやすい、流行しやすいということが新型の最大の特徴です。
かかる人が多ければ重症化する人も多くなる、
それだけのことです。

 

そして、ワクチンは万能ではありません。
従来の季節性インフルのワクチンでも、
接種したからといって絶対にかからない訳ではなかったですよね。
接種の副作用もまったく無いわけではありません。
接種はあくまで「任意」です。
報道などに惑わされず、本当に家族や自分にとって必要なのか、
かかりつけの医師と相談しながら決めてくださいね。
ワクチンを打っても、基本は自己管理、自己防衛です。

 

追記   厚生労働省のHPに新型インフルエンザに関するQ&Aがあります。
      こちらも参考にどうぞ。
      新型インフルエンザワクチンに関するQ&Aも本日付けで出ています。