FC2ブログ
おたんこナースのきーちゃんとその家族の日記です。
紅茶のお坊っちゃま
2010年10月28日 (木) | 編集 |
今日の仕事も辛かった・・・。
木曜日はうちの医院は午前中のみの診療なんですが、
朝から胃がん検診のバリウム検査5人、
その後も特定健診やらいつもの診察やら、
患者さんが待合室にあふれかえっていて・・・。
今日は午後から先生が担当する老人ホームに
インフルエンザ予防接種に行く日だったので
仕事が終わってからもお年寄り30数名分のワクチンをせっせと注射器に詰めて、
すべて終わったのは13時30分過ぎでした。


今年の私の朝の胃がん検診当番も
やっと今日で終わりました・・・。(ノ_-;)ハア…
今年もバラエティに富んだ患者さま方のお世話をさせていただきましたよ。
私はパートなので私が出勤する日は少し、
働き手の人数にも余裕ができるんです。
そうなると結構、扱いの大変な患者さんが私の担当する日に集中するわけで・・・。
「検査台の上で死んでも文句は言いませんから
 ぜひ検査してください!」とのたもうた
脳梗塞の後遺症のある患者さん。
がんを見つけるための検診で死んじゃったら意味ないでしょうが・・・。
Ⅹ線 のプロテクターを付けた私が一緒に検査室に入り、
つきっきりでお世話しましたよ・・・。

便秘がひどくて、検査したのはいいけれど
バリウムの便が出なくて苦しんでいたおばあさんに
浣腸してもやっぱり出ず、摘便(指でかき出す)をしたり、
検査台の上からむせた患者さんのバリウムを浴びてみたり・・・。


でも、ある意味、
今日の患者さんが最強?かも・・・。(* ̄m ̄)
なかなか忘れられないキョーレツな印象を残してくれました。


今日の3人目の患者さん、
前日に自宅にお電話を入れさせていただいたときから
ものすごーく違和感が。
「もしもし、K医院の看護師ですが、
 タロウさん(仮名)は御在宅でしょうか?」
「お世話になります。息子は今、出かけておりますが
 病院の先生からお電話をいただくと聞いておりましたので
 わたくしがしっかりお話を聞くように申しつかっております・・・」
(先生じゃないけど・・・。ま、いっか。)

「明日の朝、がん検診のバリウム検査の予約を入れていただいてますが、
 今日の夜は21時以降、飲んだり食べたりは控えていただいて、
 明日の朝も何も摂らずに朝8時過ぎにこちらにいらしてくださいと
 お伝え願えますでしょうか」
「はい、あの・・・。
 うちの息子はいつも夜寝る前にお紅茶をいただくんですけど、
 お紅茶もやめたほうがよろしいでございましょうか?」
(はあ?お紅茶ですと?寝る前つったらフツー、ビールだろ)
なんというお上品なお宅なのかしらんと思ったけれど
「寝る前の紅茶だけなら少しくらいはかまいませんが、
 朝からは何も飲まずに来てくださいね」
「ハイ承知いたしました。
 明日はよろしくお願いいたします~」

で、今朝。
現れた息子さんは一昔前の香り漂うお坊っちゃま・・・。
なんというか、10数年前のトレンディードラマに出てくるような
高級ブランドっぽいけど、
何かが違う?水色のポロシャツ、チノパンとローファー靴。
俳優の谷原章介さんに似た髪型もいかにもで。 (ΦωΦ)
ちなみにタロウさん46歳。(推定独身)

検査着に着替えてもらい、
「貴重品をお持ちになって廊下の長椅子でお待ちください」
と言ったら、
お母様お手製?のキルティングのバッグに入れて持ち歩いていたそうな。
夜にお母様の入れたお紅茶を飲むマザコン息子の図が浮かび、
検査室で笑いをこらえるのに必死でしたよ・・・。
息子さんの言葉づかいもお母様そっくりの上品さ。
住所を見たらウチのすぐ近くだった・・・。
そんな上品な家、あのあたりにあったっけ??

看護師の間で
「紅茶のお坊っちゃま」とあだ名をつけられたタロウさんは
来年も検査に来るかしら・・・。フフフ。



スポンサーサイト



インフルエンザやら健診やら・・・
2010年10月27日 (水) | 編集 |
その後のK医院でのインフルエンザ流行状況ですが・・・。

えー、かずぼんの通う小学校の1,2年生中心に
チラホラ患者さんは出ているものの、
まだ爆発的に増えている、というほどの勢いではないようです。
今日の午前中の勤務では
アヤシイ熱の子どもさんも1人しかいなかったですし・・・。


それよりも今は健診の追い込みのほうが大変で。(;´д`)
なんで期限ぎりぎりになって(国保は10月いっぱいが期限)
ぞろぞろ健診にやってくるのかしら。
今から大腸がん検診で検便2回とか、
便秘や生理前後のかたは無理でしょう。
挙句の果てに自分の友人までひきつれてきて
何が何でも胃がん検診をやってほしいとゴネる常連さんとか・・・。
もう朝のバリウム検査の予約枠がいっぱいなのに、
むりやりねじ込みましたよ。
ほかの患者さんの迷惑も考えてくれ!!
特定健診の患者さんが見えると
看護師一人が10分程度、その患者さん一人に
かかりきりにならざるをえません。
健診のためには事前に記入していただく書類も多く、
非常に時間がかかります。
お歳の方だと「手が震える」「目が見づらい」等、
職員が書類を記入しなければならない場合も多いです。
なんでもっと余裕を持って受診してくれないのかなあと思うこともしょっちゅうありますよ。
こんなとこでグチってても
どうしようもないことですけど・・・。(ノ_-;)


それから予防接種。
まだ小学校6年生の二種混合のⅡ期接種、
中学校一年生のMRワクチンの追加接種が済んでない方、
この機会にインフルエンザ予防接種と一緒に計画立てて、
速やかに接種を済ませてください!!
公費負担の予防接種には定められた「時期」があり、
これを過ぎてしまうと接種は有料になります。
いつまででも無料、ってわけではありませんので・・・。


仕事が忙しいと人間関係もギスギスしてきます。
こういう時こそ、
声を掛け合って力を合わせていかなきゃいけないのに・・・。
人の仕事のアラ探し、揚げ足取りみたいな発言も増えてきて
職場の人間関係の難しさを実感する今日この頃であります・・・。( -.-) =з
ナースの必需品
2010年10月25日 (月) | 編集 |
インフルエンザの季節だから、というわけでもないのですが・・・。
わが医院では看護師と先生は通年、マスク着用で仕事をしています。
(事務職員は電話対応などに支障が出ないように?か
 インフルエンザ流行期のみの着用ですが・・・)
待合室でも熱のある人、咳の出る人には必ず、
マスクを渡して着用してもらいます。
最近は患者さん自身も自衛のためにマスク着用で来院される方も多いですが、
メガネをかけた方やお年寄り、子どもさんは
マスクの着用を面倒がる方も多いです。(ノ_-;)


たしかに、マスクは暑いし、何となく息苦しいです・・・。
うちの姑さんもマスク嫌、って言いますね、ハイ。
メガネかけてるから眼鏡が曇るのもうっとうしいみたい。
でも、これからの季節、
やはり自衛と咳エチケットのためにマスクは欠かせないと思います。
自分の隣にいる人がマスクもせずにコンコン咳をしていたら
だれでも気分は良くないですよね。


市販の使い捨てマスクにもメーカーや種類がたくさんあって、
同じ大人用のモノでも大きさにはばらつきがあります。
縦はどれもほぼ9cmなんですが、横は私が在庫として持っているものでも
15cm~17.5cmまでありました。
マスクの構造も同じ不織布3層構造でも
細菌遮蔽率(BFE)99%をうたったものから
普通に花粉を含む粉塵99%カットとしたものまで
表記も紛らわしいです。
あとはノーズフィッターだとか、耳かけゴムが円型か平型かetc.・・・。

私の場合は結論から言って、
手近な店で手に入り、
値段が安くて作りがしっかりしていそうな、
平均的な大きさのものを選んでいるだけです。(*゜.゜)ゞ
マスクに完璧な感染予防効果を期待することはできないと思うからです。
危険な細菌やウィルスの研究施設だとかなら別ですが、
日常生活に加えて少しばかり不特定多数の方との接触が増える仕事では
手洗いやうがいを十分にしたり、
日々の健康状態を維持することが一番の感染予防だと思えます。


インフルエンザ疑い患者さんのための簡易診断キットでは
細い綿棒で鼻水を採取するんですが、
その時、ほとんどの方が咳きこんだり、くしゃみをされるんですよね。
その際に自分の鼻や口もとに飛沫がかからないように・・・。
この時期の看護師のマスクの目的はそこにあるような気がします。
まあ、ふだんからインフル以外でも咳をしている人に接することは多いので、
冬の延長で常時マスクを着用して仕事をするようになった・・・
うちの医院ではそんな感じでした。


ほかにマスク着用のメリット?デメリット?
患者さんに素顔がバレにくいと言いましょうか・・・。(〃'∇'〃)ゝ
私のように職場の近くに住んでる人間は
しょっちゅう、行動範囲で患者さんに会うんですが、
余程常連の方でない限り、
マスクに白衣でない私がK医院の看護師だと気づかないわけです。
スーパーでレトルトやら惣菜やら激安品やら(!)を
買いあさる姿を見られても気づかれにくいというわけですネ。♪(* ̄ー ̄)v


この冬もインフルエンザが流行しだしたので、
間もなくマスクパニック、品切れが多くなるのかもしれないですね。
家族の分も含めて、多少の予備は持っていたほうが無難かと思います。
日常生活ではマスクがいかに高性能であるかよりも
着用したときのフィット感とか
(着け続けられなければ意味ないですし。
 とくに耳かけゴムのきついのはつらいです。)
付け外しの時の取扱い
(鼻や頬の横に隙間ができないように覆う、
 マスクの前面は持たずに、耳かけゴムを持ってはずす、
 連続して使わず、かならず交換するetc.)
を重視して選んでもらったほうがいいのではと思いますよ。

インフルエンザ予防接種始まりました
2010年10月22日 (金) | 編集 |
今年もインフルエンザ予防接種のシーズンがやってまいりましたよ~。
みなさんはもうお済みですか?


昨年の新型ワクチン騒動にはおおいにひっかきまわされた現場ですが、
今年は今のところほぼ従来通りの状況です。
今年のワクチンは昨年の新型、
これまでのA、B型の3種類のウィルスに対応できる仕様です。
値段は昨年度の新型ワクチンは国で設定された一律の料金でしたが
今年度の新型入りのものは
今まで通り、各医療機関が設定できます。
(地域の医師会によって推奨されている基準の料金はあるようですが・・・。)

私の勤める医院では13歳以下1回2200円(基本2回接種です)、
13歳以上65歳未満は1回2800円、
65歳以上は市からの補助があり1回1000円となってます。
料金に関しては医療機関によってかなりのばらつきがあり、
同じ市内の某医院では13歳以下1回1500円!
13歳以上65歳未満2000円なんてところもありました。
ワクチン自体は日本薬局方に定められた内容ですので、
メーカーや防腐剤の有無など若干の違いはあるにせよ、
効果はまったく同じはずのモノがずいぶん値段が違うんですよねえ・・・。
そのあたりは看護師や医師の手技料?ってことでしょうか。
一家5人でうち子どもが3人13歳以下なんていうと・・・。
一家でワクチン代に5800円も差が出ることに・・・。 ヾ(-_-;) ...
でもたかがワクチンと侮るなかれ、
持病があってかかりつけがある方は
多少値段が高くてもやはりかかりつけでの接種をお勧めします。
接種後に何が起こるかは起こってみなくちゃわからないところもありますし・・・。


一番訴えが多いのは接種部分の腫脹、腫れですね。
人にもよりますが接種後1,2日でかなりひどく腫れる方もあります。
あと、接種後に熱が出た、とか・・・。
高齢者で気分が悪くなっておうちの方にお迎えを頼んだ方もありました。
高齢者で持病がある方はなるべくおうちの人と一緒に来院してもらいたいものです。

あと、中学生以下の子どもさんの場合、
問診票に親の同意のサイン(親の自署)が必要です。
あらかじめ問診票をもらっていって親がサインして持たせた場合はいいですが、
うっかり子どもさんだけで来院されると接種できない場合があります。
要注意ですよ。


今シーズンのインフルエンザ流行の兆しはまだないようですが、
接種を予定されている方は無理のないスケジュールを組んで
上手に済ませてくださいね。


追記  この記事を書いて夕方からの仕事に出たら・・・
     なんと、今日一日ですでに4人のインフルエンザ患者さんが!!
     4人ともA型インフルでした。
     しかも息子かずぼんと同じ小学校の1,2年生ばかり・・・。
     この地域、明日からお祭りなんですが・・・、大丈夫かしらん ε-(ーдー)

ガラかめ45巻買いました
2010年10月13日 (水) | 編集 |
遅ればせながらコミックス「ガラスの仮面」45巻を購入しました~。
一緒にコミック・ファンブックなるものも。
いやー、すごいなあ、ここへきて2カ月連続のコミックス発売とは・・・と
ウキウキしながら読み始めたのですが。

実は私、コミックス44巻発売の後、
ガラかめの続き見たさに
「月刊花とゆめ」を数冊、買ったんですよね。(笑)
その中のお話とコミックスに収められている話、
全然ちがーう!!!
月刊誌のほうではマヤを罠にはめるトンデモ女になり果てていた紫織サン、
45巻ではほとんど出番なし・・・。
「北島マヤ・・・!
 どんなことをしても真澄さまの心から追い出してみせますわ!」
(お約束の白目・・・)
くらいですもん。

ガラかめの月刊誌掲載分とコミックス収録分の内容が違うのは
いつものことみたいなんですが、
ここまで変わっちゃうとは思わなんだ。
これじゃあ話が進まないわけです。
お話の続き考える前に一旦世に出したものを作り直してたら。


まあ、コミックスは今月末にも出るわけだし、
少しは結末に近づいているんだろうなあとは思うんですけど。


一緒に買ったコミック・ファンブック
これが裏話満載で面白かった。
いろんな漫画家さんが
ガラかめと美内先生に関するコミックエッセイを寄せてるんですが、
過去にアシスタントをしたことがある、と言う方々が大御所ばっか!
ネームに時間をかけ過ぎて
後の絵を描く作業のために
手の空いている漫画家さんをアシスタントとしてかき集めて
ビジネスホテルに缶詰めにして一気に仕上げる・・・
そりゃ修羅場だわ。出版社もスゴイ手を使ってたのね。
そこまでして生み出されていたのねえ、あの面白さ・・・。

もう、最終回まで読み続けますよ。
この先、完結までに何年かかろうとも。
ガラかめ・・・!おそろしい漫画っ!(ハイ、ここでみなさんも白目)