FC2ブログ
おたんこナースのきーちゃんとその家族の日記です。
「日本」「日本人」 
2011年03月29日 (火) | 編集 |
東北地方太平洋沖地震で被災された地域のみなさんは
少しずつでも生活に落ち着きをとりもどしつつあるのでしょうか?

震災後しばらくは
メールソフト開いても企業からの宣伝メールが少なくて
快適だなあと思っていたのですが、
テレビのコマーシャルが解禁されるにつれて?なのか
送られてくる宣伝メールが多くなってきました。

テレビのコマーシャルも少しずつですが増えてきましたよね。
くどいくらいに流れる
ACのものもバリエーションが増えました。
でも最近、何かひっかかるんですよね。
(まだうまく整理して書けないんですが。)
ことさらに「日本」「日本人」を強調して
災害からの復興を呼び掛けるフレーズが多すぎる気がします。

日本人は負けない、とか
日本は強い国、だとか。

確かに今回の震災は日本列島の東半分を広範囲に襲ったので
ダメージは日本全体に及んでいる思います。
いまだに原発の問題も終息するめどが立たないですし。
世界の国々から見れば「日本の一地域が」というより
日本の国土全体が放射能に汚染される可能性がある、と
取られてもおかしくないのでしょう。


今回の震災で命を落としたり
家や仕事を失った人の中には
日本に住んでいる外国人の方も多いことと思います。
頑張っているのは日本人だけではない被災された方すべてです。
そして世界中の国からいろんな支援を受けているわけですよね。
人的にも、物資的にも。
日本人だから頑張る、助け合う
日本国だから一つになって立ち直る・・・
どうしても違和感を感じてしまうんです。
昔から「火事場泥棒」なんて日本語も存在しますよね。
目に見えるような暴動こそ起きてはいませんが、
被災地で災害に便乗した盗難がまったくないわけではないでしょう。
 被災した地域とは全く別なところで
モノを買い占めたりする人もいっぱいいるし、
無責任に政治批判ばっかりする人もいる。


人間だから
希望を失わず、困難にも立ち向かっていこう。
それじゃダメなんですかね・・・。( ̄~ ̄;)


スポンサーサイト



ショックなこと、いろいろ・・・
2011年03月24日 (木) | 編集 |
ここ1年半ほど、軽度の発達障害の子供を持つ親の会に参加しています。
それほどの大所帯ではなく
集まってそれぞれの話をすることが活動の中心なのですが
余計な気を使わずに子どもの話ができるので
私にとってはとてもありがたい集まりです。
そこに参加している仲間のご長男さんが正月明けに病気で亡くなりました。
15歳。中学三年生でした。
私もお通夜に参列しましたが、
ダウン症の末っ子ちゃんがちょこまかと動き回って
みんなに挨拶してくれてました。
笑顔の可愛い女の子です。
「あの子の明るさに家族みんなが救われてました」
お母さんがそう言って涙ぐんでいたのを
今でも忘れられません。

先日、会の仲間からメールがありました。
あのダウン症の末っ子ちゃんが
「再生不良性貧血」で入院治療することになった・・・とのことでした。
ダウン症に伴うものかは定かではありませんが
内臓の奇形などもあり、
小学校に入る前から何度か大きい手術も受けていたそうです。
私の知るお母さんもお父さんも誠実でやさしい方々です。
どうしてあのご家族をそんな不幸が次々襲うのか・・・。
やりきれません。とても悲しいです。


震災にまつわるニュースもどんどん、深刻なものになっていくようです。
福島の原発近くでは農産物が放射性物質に汚染され、
東京の水道水にも基準を超える放射性物質が見つかったとのこと。
関東近郊の皆さん、パニックになってないでしょうか?
水や乾電池などはこちらでもすでに売り切れ続出で、
モノを送るようなことは難しいかもしれませんが・・・。( ̄~ ̄;)
どうか早く原発問題が片付いて、
電力の供給が安定し、放射性物質の拡散もなくなってほしい。
夏場まで問題が持ち越せば
計画停電でクーラーは使えない
水は怖くて飲めない・・・
関東の皆さん、みんな熱中症になっちゃいますよ!?
首都の機能が混乱すれば
被災地の東北方面の復興への影響も大きいでしょう。


今でこそ落ち着いている東海地方ではありますが
大地震の危険などは「明日は我が身」そのもの、
いざという時パニックにならず、
冷静に対処できるだろうか・・・。

それでもいま自分にできるのは
目の前の自分の仕事を精いっぱいこなし、
春休みに入った子どもたちとはゆっくり話をして、
ちゃんと生活する。
それだけなんでしょうね。



今、自分にできることを精いっぱい
2011年03月17日 (木) | 編集 |
津波に巻き込まれて亡くなった人のなかには
地域の役員さんのような
被害や避難の状況を確認に回っていた人たちが多かったと聞く。
少し前の新聞では津波に流される直前まで
市の防災放送を流し続けた若い女性職員さんの話もあった。

たった今も、
最悪の事態を避けるために原発で作業している方々、
救援物資を届けるために車を走らせている運転手さんたち、
一人でも多くの遺体を家族に会わせてあげたいと回収作業に携わる人々、
直接の被災者ではなくても、
いろんな人たちが自分にできる精いっぱいのことをやっている。

お金をたくさん稼ぐとか
人に知られるような大きな研究をして結果を残すとか
世の中には名前を残すような
大きな仕事をする人もいるのだけれど。
多くの普通の人々は
日々、自分にできる精いっぱいのことをやって
自分の生活をつつましく守る。
それが震災で苦しんでいる人たちにも
何かしらのいい影響を与えることができるなら
それでいいんじゃないかと思う。

できる範囲の募金をする。
ころあいを見ながら献血に行く。
節電を心がける。
むやみにモノを買い占めたりしない。
被災した人々をさらに苦しめるような
「善意を装った悪意」をネット上で垂れ流さない。
難しいことだろうか。

娘の中学校インフルエンザ騒動
2011年03月16日 (水) | 編集 |
東北の震災の避難所で中学生の子供たちが数人、
インフルエンザと診断されたと報道がありました。
ああ、やっぱりきちゃったか・・・。
大震災の後、
高熱がでたりしたら隔離される子どもたちも
親も不安でいっぱいになってしまうと思う。
もちろん他の大勢の方たちにインフルエンザをうつしちゃうようなことは
あってはならないんですが。

報道であちこちの避難所をまわるマスコミの人たちにも
感染を広げて回るようなことにならないように
自身の健康にも十分に注意してもらいたいです。
体力も免疫力も落ち、
暖房も布団も薬も足りない避難生活です。
どうかこのあと、さらに人の命が失われることのないように。

原発の今後も気になるところです。
この瞬間も現場で作業されている方々とそのご家族、
本当に頭が下がります。

無力な自分はそれこそ祈ることしかできませんが、
自分の心がそうしたいと思うから、
それしかできないから、
祈っています。
私は信仰する神様は持たないので、
神様には祈れません。
私も我欲のかたまり、罪多い人間ですが、
いま精いっぱい生きている人たちの無事を思って祈ります。
困難な状況でも希望を捨てない
弱者を思いやる人のやさしさを信じています。



さて、今日の本題です。

娘が高熱を出し、インフルエンザの治療をして3日目
昨日の夜まで38度の高熱でしたが、
朝からやっと、熱が下がってきました。
学校からは受診後連絡を入れるよう言われていたので
一昨日夕方、学校に電話しました。
担任の元ヤン?(娘いわく)先生は
会議中だったので他の先生が出られたのですが
「簡易検査で陽性反応は出ませんでしたが、
 流行の状況から考えてインフルエンザの治療薬を使うことになりました。」
と報告したところ
「では病欠扱いで、(出席停止の)報告書の提出要らないですね」
と言うではありませんか。
「はあ?!」
「検査で陽性反応が出た場合だけ、インフルエンザの扱いになりますが・・・」
ウソでしょ。
うちの娘のクラス、
後ろの席の三人がB型インフルで欠席中だよ。
同じ部活の隣の家の子も同じ日に熱出てB型だったよ。

今年のインフルエンザ、
ワクチン接種している子は特に反応が分かりにくい場合があります。
他にも熱が出てからまだ半日以内とか
熱発から検査までの時間が短い場合は
鼻粘膜でのウィルスの増殖量が少なく、
反応が出にくいこともあります。
ほとんどの場合は一日以上高熱が続けば
インフルエンザであれば陽性反応は出るのですが
ここまで流行しているときにもう半日とか一日、
高熱に耐えてガマンしなさい、というのもおかしな話です。
周りでのインフルエンザの流行や
感染者との接触がはっきりしている場合、現場では
検査で陽性にならなくてもインフルエンザとして治療を始めます。
検査はあくまで「簡易検査」なのですから。

あとで元ヤン?先生から電話がかかってきたので
こんこんと現場の話をし、
中学校の対応を批判してやりましたよ。
特に高学年になれば
「病欠」か「出席停止」かは内申書に書かれる中身にもなるので
病欠日数気にする親御さんや子どもさんは
無理して早めに学校に行っちゃいますよ。
本人も熱がぶり返したり、
周りに感染広げるもとになりかねませんもん。
こわいオバサンと思われたかもしれませんが・・・。
「もう一度養護と校医の先生にも確認してみます・・・」
先生に約束とりつけてやりましたわ。( ̄‥ ̄)=3 フン

今日、自分のとこの医院の院長にもその旨話したら
今度、医師会の校医の集まりでも話しておくよ、と言ってました。
今回娘はインフルエンザ治療薬「リレンザ」を使ったんですが、
受診後すぐから吸入させてもさっと解熱傾向に至らず、焦りました。
リレンザの空き容器、ひっくり返して振って
薬の吸い残しがないかどうか確認しちゃいましたよ。
後から思えばまる2日位高熱なのは普通の経過、っていえば経過なんだけどね。
やはり自分の子だとただの「あわてる親」と化す看護師きーちゃんです。(*゜.゜)ゞ
どうも今年出た治療薬「イナビル」のほうが効果はシャープで
解熱も早いみたいな印象ですね。
簡易検査ではっきり陽性ならうちの子も「イナビル」が処方されたと思いますが。

先ほど、元ヤン?先生から
「すみません。医者がインフルと診断した子は
 検査結果にかかわらずインフル扱いで行くことで確認取れました~」
電話がありました。やれやれ。

非日常と日常の間で
2011年03月14日 (月) | 編集 |
朝が来たはずなのに、今日も悪い夢が延々と続いている・・・
テレビをつけたらそんな風にしか感じられないのに、
昨日は夜から娘が熱発。
学校ではB型インフルエンザが大流行しているので
おそらくうつったんだろうなと勤務先の医院に順番を取りに行く。
朝7時に出て13番目。
9時の開院時には30人くらいになってるんだろうなあ。

朝には多少、娘の熱は下がっていたものの、
医院に着いたら同級生がすでに3人。
うち一人は娘の後ろの席の子だった。
その子の両隣の男子は先週末、B型インフル出てたっけ。
ベッドで隔離されて順番待ちしながら、
近くの患者さんの話が耳に入ってくる。
「栗原のおばさんとだけまだ連絡がつかない。
 若林区の兄ちゃんたちは無事だったけど、
 家は流れちゃったって」
まだ若いお母さんだった。
いつも家族親戚一同でうちの医院を利用してくれている人だ。

診察待ちの間にも
同僚たちはバタバタ動き回っている。
常連患者さんはお互い顔がわかっているので
物療の電気のスイッチを入れてあげたり
終わった吸入器を止めたり、コッソリ動いていた。
(本当は白衣でなきゃ、こんなこともしちゃいけないんだけどね)
娘は体力もあるし、予防接種もしているためか
咳は多いけれど元気はある。
熱が出てから時間的にもまだ早いのでおそらく今、検査をしても
インフルエンザの反応は出ないかもしれない。
それでも学校からは検査の結果を求められているので、
一応、鼻水は取って検査してもらう。
娘は検査上は陰性。
他の同級生は陽性だったらしい。
「ワクチンを打っているから陽性反応が出にくいかもしれないが
 流行の状況からいって、リレンザを3日間、吸入しておきましょう。
 学校にもその旨、話しておくといいよ」
先生も大変だ。
毎日、午前の診療だけで1時30分過ぎまでかかる。
今日もそんなものだろうなあ・・・。
夕診も込み合うだろうな、と思っていたら
マナーモードの携帯に中学校からメール。
1年5組が欠席者多数で給食後早帰りするそうだ。
ああ、隣の肉屋のかほちゃんのクラスだ。
かほちゃんも昨日から熱出してたな。
人生初のインフルエンザかもって言ってた。

娘を家に送り、
ばあちゃんにたのんでガソリンスタンドと買い物に行く。
月曜日はガソリン2円引き。
それでもレギュラー147円/L 。
スーパーの売り出しに行き、
値引き目玉のスライスチーズ10枚100円ナリを買う。
夕食のおかずと、明日誕生日の息子のケーキを焼く材料も買う。

道はスムーズに流れ、
信号も当たり前に切り替わる。
私の後ろからは当然のように車しか追ってこない。
・・・灰色の水は幻だ。

明日の夜には娘の熱は落ち着くだろうか。
明日の夜には、
テレビは何を映し出しているのだろう。

10年。
三交代の看護師として総合病院で働いたけれど。
私が看取った患者さんたちは100人に満たない。

悪い夢はまだまだ続いている。
伸ばした手も
過去の映像なのに 何度でも
早く逃げて、と叫んでしまう声も
届かない画面の向こうで。





みなさん、無事ですか?
2011年03月11日 (金) | 編集 |
びっくりしました。
今回の東北地方太平洋沖地震で被災された
東北、関東の皆さん、大丈夫でしょうか?

ここ東海地方でも結構揺れました。
阪神大震災の時より怖かったです。
揺れの規模は同じくらいに思いましたが、今回は揺れてる時間が長かったので。
いつまでも船に揺られているような、めまいのような
何とも言えない気持ち悪さがしばらく続きました。

テレビにくぎ付けになって情報集めてたけど、
ちょうど今日は夕方からの勤務で、
学校から帰宅したかずぼんの顔を見てから家を出ました。
こんな日はみんな家にこもって外に出ないんじゃないかしらんとか期待したけど、
こちらはインフルエンザシーズン真っ最中。
患者さん、ぞろぞろ・・・。.....Σヾ(;゜□゜)ノ
今日の夕診は午後8時すぎ終了コースだわ・・・。
(私はパートなのでキリであがらせてもらいました)

それでも地震の被害に合った地域の方に比べたら
病院の忙しさも比じゃないです。
どうか被害が少しでも抑えられますように・・・。m(__)m
東海地方もいつ大きな地震が起こるかはわかりません。
今日は防災グッズの点検もしておきます。
チョコレートフォンデュパーティー
2011年03月08日 (火) | 編集 |
姑てーちゃんが兄弟旅行に出かけ、
まじめに主婦しております、きーちゃんです。
なんでもトワイライトエクスプレスで北海道まで行き、
層雲峡とか旭川とかめぐるツアーらしいです。
東京でも雪が降るような天気なので、
北海道、大丈夫かしらん。
普段暑がりな姑ですが、
私がため込んでた使い捨てカイロ、たっぷり持たせて送り出しました。
おいしいものが多そうだから、
また食べ過ぎて夜に吐いたりしてないかしら・・・。(ノ_-;)


今日、こちらの地域では公立中学校の卒業式でした。
中一の娘も今日は手ぶらでゆっくり出れば間に合うとのことで、
帰ってきたのもお昼前。
昨日の残りのカレー温めて食べさせてたら、
午後からお友達が来る、とのこと。
「チョコレートフォンデュパーティーやってもいい?」ですと!(; ̄Д ̄)・・?
機械を購入して以降、
家には板チョコレート常備してあるので、
あとはパンとバナナ、いちごとマシュマロがあればオッケーだね、
などといそいそ準備しましたよ。(o ̄ー ̄o)


いや~、しかし盛り上がりますな、チョコフォンデュ。
ここ最近で我が家一番のヒット商品だったかも。
テーブル周りがチョコでデロデロになるのはまあ、置いといて。(*^^*ゞ
娘もお友達もきゃあきゃあ騒いでおりました。
たしかに何見ても楽しい年頃だわな。

今日来た娘のお友達はみんなほっそりしていて、
うちの子、チョコ食べ過ぎて余計太った・・・???みたいな。
(ふくらはぎなんかうちの子の半分くらいしかないぞ~。)
娘は相変わらず生理の周期が早くて3週間ほどで来ちゃうんだけど
そういうホルモンの加減とかもこの一年の急激な太り方と関連あるんだろうか?
中学の制服のスカート、ウェストにはアジャスターが付いてるんだけど、
この調子でチョコ三昧してたら確実に買い替えだ~!
かずぼんのルーツ
2011年03月01日 (火) | 編集 |
今日から3月、あっという間ですね。
やっと冬休みが終わったと思ったら、
もうすぐ春休みになっちゃうよ!?
かずぼんも来年2学期までは支援学級に残ることを決め、
昨日は支援学級2組の6年生を送る会を(かずぼんは1組在籍)
2クラス合同でやったそうな。
しかーし、2クラス合わせても6人の児童のうち、
2人がインフルエンザで欠席・・・。


昨日は雨の一日、小学校の帰り際に一時、雨が上がり
傘を振りまわして遊んでたらしいかずぼん。
帰るなり一言。
「おかーさん、傘がポッキンって折れちゃったよ」
見たら持ち手部分の下、ワンタッチ傘の留め具のあたりで
傘の柄が見事に折れて真っ二つに分解・・・。(゜∇゜ ;)エッ!?
あわてて玄関の靴箱捜索したら
予備の傘はなく、
傘立てにはすでに軸が錆びて曲がったヤツがかろうじて1本。
なんとか使えないことはなさそうだったので
今日はそれ持たせて学校に行かせました。
かずぼんが小学校に入って5年、
私、いったい何本傘買ったことやら・・・。
グラスファイバー製で丈夫、とか
ちょっとカッコイイデザインのやつとか
いろいろ買ってみたけれど
ホームセンターの安物の傘で十分だとつくづく思いますわ。( -.-) =з



んで、傘買いに出かけようとした矢先、
姑てーちゃんがゲンナリした顔で帰ってきた・・・。
「P(うちの夫)のキャッシュカード、使えなくしちゃったよ・・・」
「はあ」

うちではいまだ家のお金の管理は姑てーちゃんがやっていて、
今日も銀行に行ったらしいのですが、
沖縄にいる義妹の通帳をATMに入れて
(なぜか義妹の通帳までてーちゃんが管理)
ダンナのキャッシュカード入れて暗証番号打ち込んでたらしい・・・。
引き出せないのでやり直すこと数回、
(そこで確認をしないのがてーちゃん・・・)
キャッシュカードは使えなくなりましたとさ。ε-(ーдー)

ダンナも私もよく会話の中では
ふざけて、てーちゃんのことを
「大きいかずぼん」と呼んでますが・・・。
「お金の管理はそろそろ、きーちゃんにしてもらえ!!!」
夜勤明けで帰ってきたP夫が怒ると、
「んなら、パチンコの資金やら飲み会のこづかいも
これからは堂々ときーちゃんにねだりなよ!!」
キツーイお返しにうなだれたP夫でありました。