FC2ブログ
おたんこナースのきーちゃんとその家族の日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姑・第四回目抗がん剤点滴実施
2011年11月09日 (水) | 編集 |
昨日、姑の四回目の抗がん剤点滴に行ってきました。

事前採血の結果は今回も問題なし。
白血球数は9000ほど。
予定通り、抗がん剤実施です。
今回でエピルビシン、シクロホスファミドの点滴は終了、
次回五回目からはドセタキセルに薬が変わります。
ドセタキセルのほうが吐き気の副作用は少ないらしく、
イメンドカプセルの内服は今回までで終了とのこと。
三回目の点滴の後は、今までよりも吐き気が強く出てきていたので、
今回は強めの吐き気止めの頓服薬として
抗がん剤のあとのみ処方の許可があるという「ゾフラン錠」も
追加してもらいました。
こちらは健康保険制度の制限で2回分のみの処方でした。
いつもの吐き気止め「ナシロビン錠」(ナウゼリン)も処方してもらい、
吐き気の程度で使い分け予定。

今日の朝は吐き気はさほどなく、元気にしていました。
いつも直後は意外と平気で、
3、4日後位からきつくなるようなので
気をつけて様子を見たいと思います。

そして、インフルエンザ予防接種の件。
主治医の赤目医師(仮名)に相談したところ、
抗がん剤点滴中はあまり接種がかぶらないほうがいいとは思うが、
接種2週間後の今月22日、
術後の経過観察のための胸腹部の造影CTを撮ろうと思っているので、
その時に採血もして結果を見て予防接種を打ちましょう、との話になりました。
肺炎球菌ワクチンも今後のためにはぜひ打ったほうがいいとのことですが
こちらは抗がん剤、放射線療法が終わった後にゆっくりやることに。
ほか、ぐらついている歯の治療をどうするか相談しましたが、
抜歯も含め、歯科の治療も一連の抗がん剤、放射線療法が済むまでは禁、
とのこと。

やっぱり治療中はいろいろ制限はあるみたいです。
何事も主治医相談がベスト、ですね。

今日の夕方、娘と息子もインフルエンザ予防接種してきました。
(私はまだ職場のワクチンの余り待ち・・・)
ちなみに先週の金曜日以降、
まだ新たなインフル患者さんはないそうです。(´▽`)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。