FC2ブログ
おたんこナースのきーちゃんとその家族の日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮頸がんワクチン助成実施期間延長
2012年01月22日 (日) | 編集 |
昨日、職場に市からの通達があり、
子宮頸がんワクチン接種費用の助成期間延長が決まったとのこと。
当初、今年度限りで打ち切り予定だったものが
国の補正予算の成立に伴い、
平成24年度の3月31日まで延長されるそうです。
市町村によって多少の違いはあるかもしれませんが、
当市の場合、
平成24年度に中学校一年生から高校一年生に該当する女子と
平成24年度に高校2年生になる女子で
今年度中に1回でも助成を受けて接種を済ませている子であれば
接種終了まで引き続き、助成を受けられるとのことです。
これでまた、希望者が集中する可能性がありますね。
いまのところ、
うちの医院では全員が「サーバリックス」の接種で
「ガーダシル」を希望されている人はいないのですが
今後は増えるかもしれないなあ。

ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンも引き続き助成金が下りますし
テレビで盛んに宣伝したおかげか
大人の肺炎球菌ワクチンの接種希望者も激増しました。
当市では来年度からBCGも集団接種ではなく、
病医院での個別接種に変わるとのことで
ワクチンに振り回され、ますます業務が煩雑になりそう・・・。
取り扱う子どものワクチンの種類が増えると
どうしても同時接種でスケジュールを組まないと
回数をこなしきれません。
昨年、ヒブと肺炎球菌、三種混合などを同時接種した子に
何例か死亡事故があったので
親御さんは不安に思ったりしないかなあと・・・。( ̄~ ̄;)
実際、業務に携わる人間も
もし何かあったときに責任を問われるかと思うと不安ですよ。


以下、更年期のおばさんのお悩み。
同年代の女性の方のみ、覗いてみて下さい。

いやー、更年期。
のぼせやほてり等の目立った症状はないものの、
血圧が上がってきたのも年齢のせいでしょうね。
加えて、生理が・・・。
以前にもちらりと書いたんですが
もうめっちゃくちゃ。(ノ_-;)

平成23年の11月24日に一日のみ、出血。
「あー、いよいよ閉経に近づいてるかな?」と思っていたら
翌月12月16日から生理が来て
いつもの2日目くらいの出血が延々一週間。
「最後の打ち上げ花火?みたいなもん?」
やっとこ終わってホッとしたら
年明け1月3日からまた生理。
「おいおい、嘘でしょ?!」という勢いで多量の出血が続き、
いよいよ病院へ行こうかと思った1月13日からピタッと止まりました。
んで、1月19日からまた少量の出血が・・・。(|||_|||)
さすがに怖くなって翌日、婦人科受診しました。
内診、エコー、子宮体がん検査、血液検査と
もろもろ調べてもらってきましたよ。
(子宮体がん検査、めっちゃ痛かった・・・。)

やはり更年期と「子宮腺筋症」の影響が強そうです。
腺筋症のある人は閉経前の1、2年特に出血が増えることは多いそう。
検査の結果は一週間後ですが、
私まで治療の必要な状態だったら
さすがにキツイです・・・。
幸い、若いころから貧血とは無縁の血気盛ん?な私なので
出血が多くても
今のところは特に身体がしんどいこともないのですが
一カ月に20日、ナプキンとお友達するのがヤですね・・・。ヽ(`△´)/

もし、同じような経験がおありの方がいらっしゃったら
こっそりコメントかメールください。m(__)m

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。