FC2ブログ
おたんこナースのきーちゃんとその家族の日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだかなあ
2012年07月10日 (火) | 編集 |
ここ一週間で2回も救急車を呼んでしまった。
俗に言う看護師として「ツイてる」状態なのか・・・。
まあ、一回は仕事上で、というわけではありませんでしたが。

先日、
うちの前のお宅で一人暮らしをしている80歳の女性Hさんの
親戚の方から
ここ2日ほどHさんと連絡が取れていないと相談がありました。
Hさんは新聞は取っていないのですが、
郵便受けには前日配られていた
町内の方の訃報のお知らせが入ったままになっていて
朝、配られたと思しき宅配の牛乳もとりこんでありませんでした。
夜の8時だったけどすぐに警察に駆け込み
安否確認のため裏口のドアのガラスを割って中に入りました。
ベッドで動けなくなっていたHさんを救出、
救急車を呼んで病院に搬送しました。

もともと心筋梗塞の既往がある方で
今回は軽い脳梗塞を起こしていたようです。
身体を起こせないとのことで
私が様子を見たときは右手に力が入らず、
(右足はまだ多少動かせる状態でしたが)
呂律がまわりにくい感じでした。
月曜日の夜、パジャマに着替えて寝て、
火曜日の朝には身体が動かせなくなり
飲まず食わずで水曜日の夜までベッド上に寝ていたそうです。
意識こそしっかりしていましたが
発見時は大小の失禁もあり、
濡れた皮膚が真っ赤になっていました。
幸い、
梅雨時で日中の気温がさほど上がらなかったのが良かった。
これでもう一日、気付かずにいたら
大変なことになっていたかも・・・と
民生委員さんとご近所一同、ホッとしましたよ。

一人暮らしの高齢者の方には
市から緊急通報用のブザーが配布されているのですが
ふだん元気だったから
枕元に置いてはいなかったようです。
携帯電話も家の固定電話もベッドからは手が届かない
テーブルの上に置かれていました。

これから暑い日が続きます。
高齢の方は夜中の排尿で目が覚めないようにと
寝る前の水分を控えてしまうと
夜中に脱水状態になり
血液が濃縮されて血管が詰まりやすくなります。
とくに心筋梗塞や脳梗塞の既往のある方は
血管が詰まりやすい動脈硬化の状態が進んでいると思われます。
ご家族に高齢の方がみえるお宅では
十分に気をつけてあげて下さい。



もう一件は熱性けいれんの子どもさん。
3歳の女の子で
K医院への来院時には39度台の熱があり
病院に着いたと同時にけいれんが始まり ました。
なかなか治まらず、意識も回復しないので
いつもの熱性けいれんとは様子が違う、
と判断された先生の指示で
すぐに救急車を呼び、大きな病院へ転搬送しました。

子どもの熱性けいれんそのものはよくある病気ですので
落ち着いてけいれんの持続時間、
(あわてていると長く感じるものですが
 実際は数分以内がほとんどです)
けいれんの仕方は左右対称にガクガク震えるものか
身体が突っ張って緊張するものか、
呼びかけに反応があるか、
顔色はどうか、 etc
静かに観察してもらうことが大事です。
舌を噛まないように口に何か突っ込むとか
意識のない身体を激しく揺さぶるとかは
余計な刺激になるだけですから
絶対、しないでくださいね。
(もっとも、こんなことは若いお母さんなら
 知っているかとも思いますが・・・。
 ジジババのなかには誤解してる人もたまにあります( ̄~ ̄;) )

搬送先の病院まで救急車で付き添って行ったのですが
その後どうなったのかが気がかりでなりません。
若いお母さんは取り乱してはいませんでしたが
ずっと子どもさんの手をさすり
名前を呼び掛けていました。


自分が看護師に向いているのかどうか、
若いころからずっと、能力的には自信がありませんでした。
かずぼんの母だけあって
私自身、急な変化に対応する力が弱く
すぐパニくってしまう自覚があります。
ただ、ここ最近は
経験がものを言ってるなあとしみじみ感じます。
看護師としての経験、場数を踏むことで
必要以上に仕事中に緊張しなくなってきました。
私自身にとっては良いこと?かもしれませんが
あんまり続くと「なんだかなあ・・・」な気持ちです。(ノ_-;)ハア…

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。