FC2ブログ
おたんこナースのきーちゃんとその家族の日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姑、インフルエンザ感染
2013年01月23日 (水) | 編集 |
昨日の夜、私が夜診のパート勤務から帰ってきたら
姑が寝込んでました。
夜になると吐き気がしたり、
なんとなく食事も食べたくないってことは多い人なので
まあ、いつもの感じかなあと様子を見てました。
今朝になっても動くと吐き気がする、といい
薬を飲んだらすぐに吐いてしまったので
こりゃ、パチンコ行って胃腸風邪でももらってきたかな?
とか思いつつ、私は午前中の勤務へ。
調子が悪かったら午後の診療に連れてこようと思い、
仕事終わりに家に電話したらやっぱりまだ動けません。
水分すら取りたくないということだったので
夕方の診療の順番を取って
夕食の買い物をして帰宅。
夕食の支度をあらかた済ませ、
洗濯物を乾かしにコインランドリーに行き
娘の同級生のお母さんに会ったので
「インフルエンザ、流行ってるから気をつけないとね~」なんて
話して帰ってきて
さあ、診療に行く前に熱くらいは測っときましょうと
姑に体温計渡したら・・・
熱い、38.0℃!

胃腸風邪、というには下痢もなく
じっとしていればムカムカもない。
鼻水こそないけれど
なんか変な咳をしてる・・・。うわ、やられたかも?
病院について調べてもらったら
やっぱりインフルエンザA型でした。

今年のインフルエンザは子どもからお年寄りまで
幅広い年齢に感染する印象です。
昨シーズンは子ども2人とP夫がインフル感染したんですが
危機感を持って警戒していた姑にはうつらずにすんでいたので
すっかり油断していたようです。
だいたい、マスクが嫌いで
人ごみでもマスクをしていられないタチなので
パチンコ屋なんてホントはこの時期出入りしてほしくないんですけどねえ。

インフルエンザ治療の吸入薬は
一回タイプの「イナビル」では
吐き気や咳きこみでうまく吸入出来ない可能性を考え
一日2回吸入の「リレンザ」を処方してもらいました。
家に帰って吸入させてみたら
リレンザ吸入器の前で息を吐き出してから
吸い込み口を咥えようとするので
その際に吸入薬が飛び散ったり(!)
吸入後にむせてしまい、また薬を吐き出してました・・・。
一回吸入タイプのイナビルでは
一回で上手く吸い込みができなかったらそれで終わり、
抗ウィルスの効果が期待できません。
熱でボーっとしてさらに理解力が落ちている高齢者には
イナビルは難しいなあと実感しました。
  追記 今回、うちの姑は吐き気が強く、内服が飲めそうになかったため
       内服の「タミフル」ではなく吸入薬の「リレンザ」を処方してもらいました。
      一回のみ吸入の「イナビル」の場合は薬局で薬剤師さん対応の元、
      練習してから吸入するとのことなので
      一人暮らしの方などまわりに見てくれる人がいない高齢者が使う場合は
      こちらのほうが確実?かもしれません。
      いずれにせよ、吸入薬は一般になじみが薄く、扱いにくいです。
      使用を控えるように言われている10代以外は
      「タミフル」のほうが無難かなあとは思いますね。

そんなこんなで
ズボラ嫁返上でしばらくは頑張ります。 ( ̄‥ ̄)=3
どうか家族にうつりませんように。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。